「生涯現役で働きたい」「ボケたくない」「寝たきりにならず、最期まで自分の足で歩きたい」と考える人は多いだろう。

日本における代替医療の第一人者である帯津良一医師は、87歳になる今日も現役で臨床の場に立つ

多忙な日々を送りながらも、87歳まで大病の経験なし、30年間風邪知らずで、最近『1日1分からはじめる65歳からのらくらく呼吸法&気功』を上梓した帯津医師が、「元気と健康の秘訣」を明かす。

「87歳現役」を支える食生活

前回の記事「『87歳現役医師』が健康のため毎日やる3つのこと」が大きな反響を呼んだと聞き、大変うれしく思っています。

私は現在87歳ですが、この年齢になってもまったく衰えを感じることなく、むしろ70代より元気になっている気さえしています。

先日、ちょっと走ってみようと思ってジョギングをしてみたのですが、70代のときより長い距離を走れました

かつては雑誌やネットの取材というと「代替医療」についてや「がん治療」といったものが多かったのですが、最近は私自身の健康法や生活ぶりについて聞かれることが増えました

中でもよく聞かれるのは「帯津先生は毎日どんなものを食べているのですか?」という質問です。

特に変わったものを食べているわけではないのですが、やはり食事は大事だと思っています。今回は私の普段の食生活についてお話ししたいと思います。