なんとなくだるい、すぐに疲れてしまう。そんな不調がずっと続いていたら、「季節の変わり目だから」「気のせいかも」と決めつけて放置せず、「慢性疲労」の可能性も疑ってみてください。

慢性疲労はれっきとした病気であると述べるのが、これまで1000人を超える慢性疲労の患者を診察・治療してきた、医師の堀田修氏。コロナ後遺症ともかかわりが深い慢性疲労はどのように生じて、どういった治療法、セルフケアがあるか、解説します。

※本記事は堀田医師の著書『慢性疲労を治す本: いつまでも消えないつらい疲れ・だるさの正体』を一部抜粋、編集したものです。個別のケースで状況が異なるため、症状は主治医とご相談ください。

「慢性疲労」の研究が世界的に進んでいる

日本で多くの方を悩ませている病気の1つに「慢性疲労症候群」があります。慢性疲労症候群では、日常生活が著しく損なわれるほどの強い全身倦怠感、慢性的な疲労感が休養しても回復せず、6カ月以上の長期にわたって続きます。

慢性疲労症候群という診断はついていなくても、慢性的な疲労感・倦怠感に悩まされたり、家事や仕事の後や、職場や家庭での些細な人間関係のストレスを受けたりした後に、強い疲労感が出て日常生活に支障をきたしている人は少なくありません。

2020年に新型コロナウイルス感染症のパンデミックが始まって間もなく、感染後に長引く体調不良に苦しむ「コロナ後遺症」が注目されるようになりました。疲労感・倦怠感はコロナ後遺症における最も頻度が高い症状です。味覚障害や嗅覚障害などは通常の慢性疲労症候群ではほとんど認められませんが、「コロナ後遺症の中心となる症状は慢性疲労症候群そのものである」という見方も成り立ちます。