「白Tシャツ」「ショートパンツ」「カジュアルジャケット」それぞれを使ったスタイリング 「白Tシャツ」「カジュアルジャケット」「ショートパンツ」それぞれの着こなし術を解説する。スタイリスト、モデルともに栃木雅広さん(撮影:今井康一)

薄着になる夏、休日のコーディネートがピンとこない――。そう鏡の前で悩んだことがある男性は多いのではないだろうか。それもそのはず、夏はアイテム数が減ってシンプルになるからこそ「着こなし」のポイントを押さえていないと、おしゃれには見えないのだ。

では、プロのワザを見てみよう。「大人のきれいめカジュアル」を得意とするスタイリストの栃木雅広さんに、夏の定番アイテム「白Tシャツ」「ショートパンツ」「カジュアルジャケット」それぞれを使ったスタイリングを組んでもらい、着こなし術を解説してもらった。

「シンプルな白Tシャツ」こそ細部にこだわりたい

誰もが一度は着たことがある白Tシャツ。外出で着る際は、「下着感」ややぼったさが出ないよう気をつけたい。

重要なのは、白Tシャツの選び方だ。肌が透けない”肉厚”な素材を選ぶことで、下着感が出ることを防いでくれる。

また白色が持つ清潔感を損なわないようにするため、シワや汚れが付いたものは避けたい。

【写真】「白Tシャツ」「ショートパンツ」「カジュアルジャケット」の着こなしポイントを見る(7枚)