東京都内と23区内、それぞれで「東西南北の端の駅」はどこでしょうか。都心部から郊外へと延びる路線どうしで「僅差」の違いも見られます。

東京の最果て駅はどこだ!?

 東京都内で東西南北の最も端にある駅は、それぞれどこでしょうか。また23区内だとどうでしょうか。

 まずは、23区内の端が「東京の端」にあたる、最東端の駅から見てみましょう。

最東端

 都心から東へ延びる路線は、JR総武線、京葉線、京成本線、東京メトロ東西線などがあります。千葉との境を成す江戸川に最も近いという意味では、京成本線の江戸川駅(江戸川区)ですが、立地のうえで最も東にある駅は、都営新宿線の篠崎駅(同)です。

 ちなみに東京メトロ東西線やJR京葉線は、江戸川を渡る前に千葉県浦安市との境を成す旧江戸川を渡るため、江戸川区内の区間が短く、東西線の駅は区内に2つ、京葉線は1つです。対して都営新宿線の駅は区内に4つあり、江戸川区が最も東に突き出した部分の近くを貫いています。

最南端

 多摩地区も含めた都内最南端の駅は、東急田園都市線の南町田グランベリーパーク駅(町田市)です。町田市が神奈川県側に突き出た部分に位置しています。

 23区内の駅では、京急線の六郷土手駅(大田区)が最南端です。六郷土手駅は文字通り、神奈川との境をなす多摩川の土手上にホームがあります。「六郷」というのは、多摩川下流部の異名「六郷川」のことです。

僅差の争いも? 最西端と最北端

 最西端と最北端は、「東京の端」と「23区内の端」とで、それぞれ異なります。

最西端

 都心部から西へ向かう路線は、西武池袋線や同新宿線、JR中央線、京王線、小田急線、東急田園都市線など複数存在します。多摩地区を含めた「東京の最西端」の場合はJR青梅線の奥多摩駅ですが、23区内だと、西武新宿線の武蔵関駅(練馬区)が最も西です。

 この点で“惜しい”のが、西武池袋線の保谷駅。西東京市に属しますが、ホームの一部が練馬区にかかっているほどです。逆に小田急線の喜多見駅は、世田谷区に属するものの、ホームの一部が狛江市にかかっています。

最北端

「東京最北端の駅」も、実は奥多摩方面、JR青梅線の古里駅(奥多摩町)です。とはいえ青梅〜奥多摩間で連続する川井、古里、鳩ノ巣、白丸の4駅とも、ほぼ近い緯度に位置しているので、古里が最北端とは意識しづらいかもしれません。

 一方、23区内で最北端の駅は日暮里・舎人ライナーの終点、見沼代親水公園駅です。JR京浜東北線などを利用していると「荒川を渡れば埼玉」と思うかもしれませんが、足立区は荒川の北に広がっており、見沼代親水公園駅はその足立区の最北部、埼玉県草加市との境まであと300mほどのところに位置しています。