デンマーク向けF-35には尾翼に「L」が描かれているのがポイント!

「ダニッシュ・ライトニング」お披露目

 デンマーク国防省は2021年4月7日(水)、アメリカ南部テキサス州フォートワースにあるロッキード・マーチンの工場において自国向けのF-35A「ライトニングII」戦闘機のロールアウト式典が実施されたことを明らかにしました。

 デンマークはF-35Aで老朽化したF-16Aを更新する計画で、同国のトリン・ブラセン国防大臣は今回、新型コロナウイルス感染拡大の影響から式典には出られなかったものの、「F-35を導入することでデンマークの防衛力は強化されます。今後数十年にわたってF-35はデンマークの国防の中心であり続けるでしょう。デンマークは北大西洋条約機構(NATO)の一員であり、アメリカの友好国ならびに同盟国であり続けます」とコメントを述べています。

 なお、デンマーク国防省の発表によると、最初の機体はデンマークにフェリーされることはなくアメリカ本土のルーク空軍基地で、デンマーク空軍のパイロット教育や整備員の訓練などに用いられるとのこと。

 デンマーク本土に配備される最初のF-35A戦闘機は、2023年に到着する予定で、南デンマークにあるスクリュズストロプ空軍基地に配備される予定です。