ゲームセンターで見たことあるような特殊ハンドル採用!

トヨタの新EVシリーズ「bZ」、まずはSUVから

 トヨタは2021年4月19日(月)、新EVシリーズ「TOYOTA bZ(トヨタ ビーズィー)」を発表し、開催中の上海モーターショーにてシリーズ第1弾となる「TOYOTA bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」のコンセプト車両を初披露しました。「bZ」シリーズは、電動車のフルラインアップ化の一環としています。

 発表された「bZ4X」は、スバルと共同開発したSUVタイプのEVです。両社で共同開発した「e-TNGA」EV専用プラットフォームを採用し、HV(ハイブリッド)やPHV(プラグインハイブリッド)など電動化を得意とするトヨタと、AWD(四駆)技術を得意とするスバルが互いの強みを持ち寄ったものといい、次の特徴を挙げています。

・EV専用プラットフォームによる、ショートオーバーハング・ロングホイールベース化により、特徴的なスタイリングと、Dセグメントセダン並みの室内空間を実現。

・円形ではない異形ハンドルを採用し、操舵時に持ち変える必要がなく、広々としたスペースの演出にも寄与する。

・スバルと共同開発した新AWDシステムを採用。電動車ならではの素早いレスポンスを生かした安全で気持ちの良い走りと、高い走破性を実現。

・ソーラー充電システムを採用。回生エネルギーの活用に加え、停車中も充電を行い、冬場などでも不便を感じさせない航続距離を確保。

 この「bZ4X」は、日本と中国で生産を予定し、2022年の年央までにグローバルでの販売を開始する計画とのこと。また、2025年までにEV15車種、そのうち「bZ」シリーズについては7車種を導入する計画だそうです。