グリルをよく見ると、「L」の集合体!

オートハイビームも進化した新型ES

 レクサスは2021年4月19日(月)、セダンの基幹モデル「ES」の新型を世界初公開しました。

 新型ESは静粛性と乗り心地を向上させたほか、外装面ではフロントグリルやホイールの意匠変更などを実施。フロントグリルは従来形状を継承しつつ、横方向の流れを強調するL字ユニットの集合体でメッシュパターンを構成し、「押出し感」を強調しているといいます。

 先進安全装備「Lexus Safety System +」も進化しています。交差点右折前に前方から来る対向直進車や、右左折時に前方から来る横断歩行者も検知可能に。ドライバーの操舵をきっかけに車線内で操舵をアシストする緊急時操舵支援や、低速時の事故予防をサポートする低速時加速抑制などの機能が追加されています。

 オートハイビームについては、RX、LSに続いて「ブレードスキャンアダプティブハイビームシステム」を採用。光源であるLEDからの光を高速で回転するブレードミラーに照射するという方式で、従来よりも細かな遮光が可能となり、ハイビームの照射範囲を広げ、対向車や先行車をまぶしきさせることなく歩行者や標識を認識することができるといいます。

 このほか、カメラによるデジタル式のドアミラーや室内ミラーも、カメラ性能を向上させているそうです。

 新型ESの日本発売は2021年秋頃が予定されています。