スペック鬼すぎる……!

約1万3890kmをノンストップで

 フランスの航空機メーカー、ダッソー傘下のダッソーファルコンジェット(本社はアメリカ)が現地時間2021年5月6日(木)、ビジネスジェットシリーズ「ファルコン」の新モデル「ファルコン 10X(Falcon 10X)」を販売すると発表しました。サービス開始は、2025年の予定です。

 ダッソーによると、ファルコン 10Xのポイントは、航続距離、大型の客室、最先端技術の導入といいます。

 ファルコン 10Xの航続距離は、7500海里(約1万3890km)。これは、ニューヨーク〜上海、香港、ロサンゼルス〜シドニー、パリ〜サンティアゴまで直行便を運航可能とのことです。カタログ上の最高速度はマッハ0.925といいます。

 客室は4つのゾーンに区切られており、会議室などはもちろん、クイーンサイズのベッドを備えた個室、または専用シャワーを備えることができます。客室の高さは2.03m、幅が2.77m。ともに、業界内屈指のスペースをもつとのことです。

 客室与圧も市場最高といい、約1万2500m(4万1000フィート)を飛行中でも、客室は約915m(3000フィート)相当の客室圧力高度に保たれるといいます。これは、上昇降下時の耳の痛みをはじめとする、上空と地上の気圧差による体調不良のリスクが減ることを意味します。また窓も、従来機「ファルコン 8X」の胴体よりも約50%大きい特大のものを備えます。

 コックピットエリアは、軍用機メーカーの名門であるダッソーの最新の軍事技術から直接派生した次世代のデジタル飛行制御システムを装備しているとのこと。さまざまな飛行シナリオで必要に応じて各エンジンの出力を自動管理する機能や、複合視覚システム(強化視覚機能と合成視覚機能)などを搭載。視界ゼロといった天候の著しい悪条件下でも運航が可能とのことです。

【住めますね】「ファルコン 10X」の超ハイスペック客室