2022年の「御柱祭」に間に合います!

中山道の峠をバイパス

 長野県道路公社は2021年5月13日(木)、長野県長和町と岡谷市を結ぶ「新和田トンネル有料道路」を、2022年4月1日から無料化すると発表しました。

 国道142号、中山道の和田峠(標高1531m)をバイパスし、長野県の東信地方と諏訪地方を短絡するルートです。諏訪側では国道142号バイパスと一体化しており、長野道の岡谷ICに通じています。

 現在の通行料金は普通車630円、大型車1050円。この有料道を経由して上信越道と中央道を行き来すれば、北関東と名古屋方面を最短距離で移動できることから、大型車の利用も多いことが特徴です。

 なお、無料化の翌日、2022年4月2日からは、7年に一度開催される諏訪大社の「御柱祭」(2日から上社の「山出し」)が始まります。

※一部修正しました(5月16日16時40分)。