「青春エコドリーム号」じゃありません!

2階建てバスにバイオ燃料

 ジェイアールバス東北は2021年5月14日(金)、株式会社ユーグレナが製造する次世代バイオディーゼル燃料を、定期観光バス「仙台お散歩号」「松島お散歩号」にて使用し始めました。

 ユーグレナのバイオ燃料は、排食用油と微細藻類ユーグレナ(和名ミドリムシ)からつくられたバイオ燃料を配合した次世代燃料で、横浜市にある同社のバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントにて製造されたもの。従来燃料と同等の性能でCO2(二酸化炭素)の排出を削減できることから、2020年から首都圏の一部路線バスなどに使われています。今回は東北で初の採用例です。

 この燃料を使って運行する「仙台お散歩号」「松島お散歩号」は、仙台および松島の近郊をめぐる定期観光バスです。新型コロナの影響で運行を中止していましたが、同日から運行を再開しました。車両は、もともと夜行バスなどで使用されていた三菱ふそう製の国産2階建てバス「エアロキング」を期間限定で運用。2010(平成22)年に製造が終了した同車は、もはや希少な存在になっているということです。

 ユーグレナのバイオ燃料は、燃料の燃焼段階ではCO2を排出するものの、原料となるユーグレナも、排食用油の原材料である植物も成長過程で光合成によってCO2を吸収するため、燃料を使用した際のCO2の排出量が実質的にはプラスマイナスゼロとなるカーボンニュートラルの実現に貢献すると期待されいるそうです。