「トリスハイボール」のおねーさんもニッコリやね。

合計で121機に

 アメリカの航空機メーカー、ボーイングは現地時間2021年5月25日(火)、三井住友銀行グループの航空機リース会社、SMBCアビエーション・キャピタルが「737MAX」を14機追加注文したと発表しました。

 SMBCアビエーション・キャピタルは、アイルランドのダブリンに本拠を構え、36か国に85の航空会社の顧客をもつ大手航空機リース会社です。同社における737MAXの発注数は、これで121機となります。

 737MAXは、ボーイングのベストセラー単通路旅客機「737」シリーズの最新派生型。2017(平成29)年に運用開始され、その後相次ぐトラブルによる生産一時停止など経ながらも、737シリーズの次世代旅客機として、海外では多くの発注を得ています。