ドリンクホルダーやゴミ箱、トレイ類、サンバイザーに至るまで、特定の「車種専用」をうたうカー用品が増えています。汎用品ではないためユーザーが絞られますが、今後ますます「専用品」が主流になりそうです。

そんなものまで? 「車種専用」カー用品の世界

「アルファード/ヴェルファイア」専用ダストボックス、「ヤリス」専用サンバイザー、「ジムニー」専用ドリンクホルダー……カー用品店では2021年現在、このような「車種専用」商品のコーナーが一定の割合を占めるようになっています。

 一般的に、カー用品店で売られている商品といえば、多くの車種に取り付け可能な汎用品であり、車種専用品はディーラーオプションというイメージがあるかもしれません。

 汎用でないぶん、あえてユーザーの間口を狭めてしまいますが、オートバックスを展開するオートバックスセブン(東京都江東区)によると、「質感などを重視されるお客様に好評」とのこと。特に、ジムニー専用商品などはかなり売れているといいます。

 しかしながら、販売台数で見ればジムニーなどはそれほど多いわけではありません。専用品はどのような車種に設定され、どのようなニーズがあるのでしょうか。5月にカローラ専用ドリンクホルダーを販売するなど、ラインアップを拡げている用品メーカーのカーメイト(東京都豊島区)に話を聞きました。

――車種専用のアクセサリーを最初に打ち出したのは、何だったのでしょうか?

 2010(平成22)年のプリウスに設定した、コンソールボックスに取り付けるトレイなどです。当時のプリウスはシフトノブの下がデッドスペースになっており、ここにピタッとはまるドリンクホルダー付きのトレイは、いまも年間5000個売れているほか、海外からのニーズも多く、累計では16万個に上っています。

――専用の商品はどのような車種に多いのでしょうか?

 最初の頃は、販売台数が多いもの、たとえばプリウスやアルファード、ハイエースなどに設定する傾向でした。しかし近年はライバルも多くなったことから、販売台数よりも、用品を愛好いただける方が多い車種へ設定するようにしています。その代表がジムニーでしょう。内装の不満点を解決するような商品を打ち出しています。

汎用品だと「商品レビューが荒れやすい」?

――汎用品ではダメなのでしょうか?

 汎用品では取り付けられない、取り付けられてもちょっと斜めになってしまう、といったケースが増えています。しっかりはまっても、ドリンクを置くとミラーが見えなくなったり、ウインカーレバーに当たりやすくなったりすることもあり、それが不満につながります。

 背景には、クルマの内装形状が多様化していることが挙げられます。エアコンのフィンひとつとっても形状が様々で、それがクルマを差別化するポイントのひとつにもなっているのですが、そのぶん、汎用のアクセサリーではうまく適合しないケースがあるのです。

――販売上のメリットはどのような点でしょうか?

 商品の満足度アップが大きいでしょう。インターネットでアクセサリーを買う方も増えており、取り付けられたけどグラグラしている、といった状態だと、商品レビューに悪い評価がつく傾向があるのです。専用品ならば「絶対つく」という安心感もありますので、買いやすさにもつながります。

 また、納車を待つあいだに買い揃えていただけるのも利点でしょう。

 従来は納車されたあとカー用品店へ行き、自分の車種に合うものを探すという動きでしたが、ジムニーなどは特に、納車までの時期が長くなっています。でも、そのあいだが一番楽しいんですよね。商品レビューを検索して、YouTubeで商品の取り付けイメージを見て、「これ買っておこう」となるわけです。その点でも、適合するかわからない汎用品より、専用品のほうが選びやすいでしょう。

専用品が基本になっていくのは「世の中の流れ」

――開発上のメリットはありますか?

 汎用品じゃできないデザインが可能ということでしょうか。汎用品の場合、その商品自体で形がキレイになっていないといけませんが、専用品はクルマに付けた状態できれいになるようにすればよいのです。また、装着できないというクレームも少なくなります。

 逆にコスト面は専用品のほうがかかります。安い汎用品ならば、それこそ100円ショップでも買えますし、車種専用というからには100%以上を追求しないとお叱りを受けます。

 当社は「まるで純正品」というシリーズで車種専用品を打ち出していますが、純正品そのものの開発にも携わっている点も強みです。クルマの内装のシボ(表面のシワ加工)に合わせる技術や、トレイ類の蓋の開閉速度など、自動車メーカーの基準に対応してきた知見があります。

※ ※ ※

 カーメイトの場合、純正品に近づけて開発したアクセサリーが、自動車メーカーに採用され、ディーラーで販売されているケースも少なくないといいます。「まるで純正品」というより「ズバリ純正品」というべき商品もあるそうです。

 同社は今後も、カー用品の汎用品から車種専用品への流れは続くと見ています。「スマートフォンやタブレットのアクセサリーも、汎用品から機種専用品が主流になっていったように、世の中の流れとして専用品が基本になっていくのではないでしょうか」ということです。