船の世界でもエネルギーシフトが進みつつあります。

アストモスエネルギーが用船するLPG推進の大型船

 川崎重工は2021年7月28日(水)、LPG(液化石油ガス)を燃料として動く大型LPG運搬船「CRYSTAL ASTERIA」の命名式を同社坂出工場で行ったと発表しました。

「CRYSTAL ASTERIA」はKUMIAI NAVIGATION(PTE)LTD(クミアイ ナビゲーション プライベート リミテッド)向けに建造していた船で、LPG推進のVLGC(大型LPG船)としては日本初になります。命名式では、LPG元売り大手のアストモスエネルギー、矢木代表取締役副社長によって命名されたのち、ご令室の手で支綱切断が行われました。

 国際海事機関(IMO)による排気ガス規制の強化が進むなか、LPG燃料は重油に代わるクリーンな燃料として注目を集めており、特にLPG運搬船マーケットでは、LPGを燃料として用いるのが加速しています。

 そのようななか、「CRYSTAL ASTERIA」はLPGと低硫黄燃料油を燃料とすることができる日本初のLPG二元燃料LPG運搬船として建造されたもの、主機関は独自開発の舶用電子制御式液化石油ガスインジェクションディーゼル機関(ME-LGIPエンジン)「川崎-MAN B&W 7S60ME-C10.5-LGIP」を搭載しています。

 LPGを燃料とすることで、重油使用時に比べて排気ガス中の二酸化炭素や硫黄酸化物などの排出量を大幅に削減し、SOx(硫黄酸化物)規制や、2022年以降の建造契約船より要求されるEEDIフェーズ3(新造船の省エネ性能に関する国際規制)にも適応するそうです。

「CRYSTAL ASTERIA」の概要は全長229.9m、幅37.20m、深さ21.9mで、LPG貨物タンクの容量は8万4229立方メートル。2021年内の引き渡しを予定しています。