未事業化区間は残り15km!

まずは豊岡市内直結を目指して工事中

 国土交通省近畿地方整備局 豊岡河川国道事務所は2021年7月29日(木)、北近畿豊岡自動車道のうち、北方向に延伸事業が進められている「豊岡道路」のうち、最初のトンネルである戸牧(とべら)トンネルが28日に貫通したと発表しました。

 北近畿豊岡道は、舞鶴若狭道の春日JCT(兵庫県丹波市)から兵庫県の丹波および但馬地域を貫き豊岡市までを結ぶ約73kmの道路で、現在、但馬空港ICまでが開通済みです。将来的には豊岡北JCT(仮)で山陰近畿自動車道と連絡し、大阪方面から鳥取、島根までの山陰ルートが全て高規格道路でつながる構想となっています。

 北近畿豊岡道の「フロンティア」となっている豊岡道路は、一期区間として但馬空港IC〜豊岡IC(仮)間の2.0kmが2024年秋の先行開業に向けて事業中。開業すれば、京阪神地区から但馬空港だけでなく、豊岡市中心部へのアクセスも向上します。

 その先の二期区間(豊岡IC(仮)〜豊岡北JCT・IC(仮))も事業中です。さらに北の山陰近畿自動車道「竹野道路」豊岡北JCT(仮)〜竹野IC(仮)も2021年度に事業化決定。関西〜山陰直結まで、残る未事業化区間は竹野〜佐津間の約15.1kmのみとなっています。