2階建て新幹線「Max」のE4系が間もなく引退します。2階席は人気ですが、なぜでしょうか。眺望の良さに加え、かねてから人々が抱いていた「憧れ」があると筆者は感じます。大量の通勤客やスキー客のほかに運んだものは何だったのでしょうか。

初乗車時、2階席を期待したら1階席だった

 2階席からの眺望が人気のE4系新幹線「Max」。今、その引退を惜しむ声が高まっています。しかし筆者(杉山淳一:鉄道ライター)が初めて乗ったE4系は1階席でした。

 1996(平成8)年に退社してフリーライターになった翌年、元同僚から展示会スタッフの仕事をいただきました。場所は宇都宮。私は「ライターの仕事じゃないし……」と渋りましたが、「杉山さん、E4系のチケットを用意しましたから」と言われ、「1997(平成9)年に登場したばかりのE4系に乗れるなら行こう」と承諾しました。鉄道好きの性格を見抜かれていたようです。

 ところが、指定席は1階席でした。しかも車両の端、目の前は壁です。「2階席だと思っていたのに、だまし討ちだ」などと思ったものですが、この席も良かった。景色に期待できないぶん、個室感があって仕事の資料読みがはかどります。また乗って感じたのが「景色は意外と悪くない」ということ。眺望はなくても、目の前ギリギリのところをプラットホームの端や標識などの構造物が飛ぶように現れ消えていく。いままで体験できなかった迫力がありました。

 なぜ私が2階席にこだわったのか。それは以前の楽しい体験が記憶にあったからです。東海道新幹線の100系は食堂車が2階建て。そこではカレーライスを食べました。在来線ではオール2階建て215系電車のホリデー快速「ビューやまなし」に乗車。もちろん早くから並んで2階席へ。だからE4系でも2階に乗りたかったわけです。

 念願だったE4系2階席の初乗車は2004(平成16)年7月。友人と4人で快速「SLばんえつ物語」で新潟に行き、その帰りに自由席を取りました。空いていましたから、狭いと噂の6人席を4人で向かい合わせて使い、楽ちん。リクライニングしないなど気になりません。

 ところで、E4系の引退を惜しむ記事の多くは、やはり2階席の眺望を称えています。「2階建て列車の2階席」は私たちの憧れなのかもしれません。なぜでしょうか。

2階建て住宅への憧れと通ずるもの

 私見ですが、2階建て列車の人気は、そのまま2階建て住宅の人気と結びついていたと思われます。筆者を含む1960年代〜70年代生まれにとって、2階建て住宅への憧れは強かったのではないでしょうか。公団住宅が普及し、高層住宅が広まりつつあった時代です。上京してアパートに住み、その後団地やマンションに移り、将来は2階建てに住む。そんな「住宅すごろく」のような価値観が「中流意識」にありました。

 私の父も同様で、我が家は2間のアパートに始まり、2DKのマンションを経て、マイホームを建てました。子どもの頃に私は、2階建ての友達の家が羨ましいというか、家の中に階段があるって面白いなあと思っていました。

 2階建ての家への憧れと普及は、人気漫画にも反映されています。たとえば『サザエさん』。原作では福岡に、2階建ての家の描写が登場します。ただ1969(昭和44)年放送開始のアニメ版では平屋の5DKです。

 時を同じくして連載開始した『ドラえもん』は当初から、のび太の家は2階建てです。スネ夫の家は豪邸だから別格として、戸建て住宅はほとんど2階建てで描かれています。当時、私が通っていた小学校では、商店兼住宅やアパートに住む子どもが圧倒的に多く、住宅のみ2階建てはお金持ちという印象でした。

 鉄道に話を戻すと、明治大正の頃から路面電車で2階建て車両があったようです。しかし「家を覗かれる」という苦情が多く廃止したというエピソードもあり、周辺は平屋建てが一般的だったのかもしれません。路面電車以外の鉄道では、近鉄が1958(昭和33)年に導入した特急車両「ビスタカー」が初。2階席の眺望の良さなどから人気を博しました。私も子どもの頃、絵本で見た「ビスタカー」に憧れを抱いていました。

「2階建て新幹線」とは何だったのか

 新幹線の2階建て車両の歴史を振り返ると、先述した東海道新幹線の100系が1985(昭和60)年にデビューし、グリーン車および食堂車として2階建て車両を連結したことに始まります。ただその後は、JR東日本のE1系、そして間もなく引退するE4系のみにとどまりました。

 そもそもE1系とE4系の誕生の理由には「通勤需要の増加」「東京〜大宮間の過密ダイヤ」が挙げられます。新幹線通勤客が増えたけど、これ以上、列車は長くできないし運行本数も増やせない―― ならば、2階建て構造で定員を増やそうというわけです。

 新幹線通勤が増えた背景には、1986(昭和61)年頃から始まった不動産バブル景気があります。都市部の家賃や住宅価格が上がり、人々の間に「家を買うにしても長距離通勤さえ我慢できれば、都心を離れた方が安くて広くて環境もいい」といった考えが生まれます。通勤費が気になるところですが、これはたいてい会社の補助が出ます。国も1989(昭和64)年1月、通勤手当の非課税上限枠を2万6000円から5万円へとほぼ倍増しました。

 E4系には通勤需要のほか、上越新幹線でのスキーシーズン向け波動輸送もありました。バブル景気崩壊とともにスキーブームは落ち着きましたが、日帰りスキーができるガーラ湯沢は人気。さらに1998(平成10)年の長野冬期オリンピックで、ウインタースポーツが盛り返していました。当時私はE4系のデッキで寿司詰め状態になったことがあります。「Maxですらこんなに混むのか」と驚きました。

 先代のE1系は12両編成固定でしたが、閑散期はガラガラです。そこでE4系は8両編成になることで、閑散期は運行コストを削減、多客期は2編成を連結して16両とし、大量輸送に対応しました。

 不動産事情とスキーリゾートの申し子、E4系。それが運んだのは、通勤通学客、眺望を楽しむ観光客にスキー客。そして、「2階席への憧れ」だったと言えましょう。