JALのラウンジカレーが食べられるレストランとしてコロナ禍で脚光を浴び、一時期は「成田市でもっとも予約がとれない」ともいわれた施設「DINING PORT 御料鶴」。実は名物はカレーだけではありません。現在の様子を取材しました。

コロナ禍でラウンジに行けないなかで…。

 成田空港のすぐ東側の田園地帯に、JAL(日本航空)グループのJAL Agriport(JALアグリポート)が運営する古民家レストラン「DINING PORT 御料鶴(ごりょうかく)」があります。

 このレストランは2020年にオープン。地元農家から借り受けた民家をリノベーションし、窓から見える飛行機を眺めながら、千葉県産食材や自社農園で収穫した果物などを使った料理を楽しめる――というのが特徴です。ただ、この施設は新型コロナウイルス感染拡大下、とある形でインターネットやSNSを中心に話題となりました。

 ここで話題をさらったメニューは、羽田・成田空港の国際線JALラウンジで提供されていた門外不出の「JAL特製オリジナルカレー」でした。コロナ禍で平時のように国際線が運航がないなか、「JALカレー」が食べられる初めてのレストランとして知れ渡り、その人気がうなぎのぼりに。一時期は一部で「成田市で最も予約が取りにくい」といわれるほどの盛況を誇りました。

 2021年現在、緊急事態宣言下ということもあって、御料鶴は地元の人を中心に賑わっていますが、かつてのような爆発的な混雑状況ではありません。

カレー以外のメニューもスゴイぞ! 驚きの「食の守備範囲」

 DINING PORT 御料鶴で食べられるメニューは、「JALカレー」だけではありません。専門店顔負けの「和牛のすき焼膳」のほか、おもに成田市に隣接する9つの周辺市町村の食材を使った小鉢6品が1食で味わえることが特徴の「御料鶴小鉢膳」、JAL国際線のエコノミークラスの機内食「御料鶴でフライト気分」などがラインナップされています。

 ちなみに、御料鶴では、毎日2人ずつのJALの現役のCA(客室乗務員)が、研修として制服を着て接客しています。

 そして、同施設では上記のような通常の食事以外のメニューもあります。成田空港の管制塔や発着する旅客機が見える芝生のエリアで、セッティング済みの用品一式と食材がセットになったバーベキューを楽しむことができるのです(要事前予約)。

 料金は大人ひとり4400円(税込)で、ステーキ大の厚切りの牛肉と豚肉をはじめ、一口大にカットされた鶏肉、ソーセージ、野菜などの食材が提供されます。ボリュームもさることながら炭焼きが特徴の本格的なバーベキューで、ドリンクや食材も自由に持ち込めるとのことです。

 このほか御料鶴は2021年10月から、土日祝日のみで夜営業をはじめました。注目を集めた「JALカレー」以外にも、多くの“食のニーズ”に対応できるような、守備範囲の広いレストランであるといえるでしょう。