自動車に「希望ナンバー制度」が導入されて20年以上。4桁の数字を自分好みにすることも、当たり前になってきました。人はなぜその番号を選ぶのか。わかりやすい語呂合わせから、通にしかわからないナンバーまで様々です。

「1122」「2525」まだまだある語呂合わせ

 1999(平成11)年5月に導入された「希望ナンバー制度」。自動車のナンバープレートの4桁数字を、希望する番号にできる制度です。いまでは新車や中古車の購入時に、任意の番号を聞かれるのも一般的になりました。
 
 なかには、多くの人が選ぶ特に人気の番号もあります。人はなぜその番号を選ぶのか、番号に込められた意味を紹介します。

 任意の番号を選べるとはいっても、人気の番号は抽選の対象です。「・・・1」「・・・7」などの1ケタ、あるいは「8888」などのゾロ目番号には、全国一律で抽選対象となっているものがあります。

 それ以外で全国的に人気のナンバーとしては、たとえば「1122」と「2525」が挙げられます。

「1122」(いい夫婦)は家族愛をアピールする番号として人気です。結婚や子どもが増えたタイミングでクルマを購入する人も多いことから、家族への想いが込められているのでしょうか。同様に家族愛をアピールする番号として「1188」(いいパパ・いい母)も根強い人気を誇っています。「2525」(ニコニコ)は、軽自動車や5ナンバー車でよく使われています。

 また「8」は前出の「8888」だけでなく、「・・・8」「・・88」「・888」とゾロ目全てが全国一律の抽選対象番号です。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、8は中国でとても縁起の良いナンバーなのだそう。

 8が入ったナンバーで“エンジェルナンバー”とも言われるのが、「・358」です。この意味は、仏教の釈迦が35歳と8ヶ月に悟りを開いたことにちなむ、風水で縁起が良い3(金運)、5(帝王)、8(風水における最良の数字)の組み合わせなど諸説あります。

 こうしたゲン担ぎのナンバーでもう一つ注目したいのが「5678」。なぜか京都で人気です。これは、4(死)と9(苦)を含めない唯一の連番として、京都で古くから愛されているナンバーのようです。

オーナーなら当たり前? 車種にまつわる鉄板ナンバー

 他にも”意味深”なナンバーがあります。

●車種やメーカーにまつわる

 クルマ好きならこだわりたい希望ナンバー。「3298」(ミニクーパー)、「2319」(日産ジューク)、「・・86」(トヨタ86)、「・911」(ポルシェ911)、など、車種名や型式にまつわるナンバーが少なくありません。その他にも、「1769」(自動車が発明された年)や「1114」(くるまの日)などの西暦や日付をナンバーに刻む人も。

●苗字名乗る系

「・510」(後藤)、「3110」(斉藤)などの苗字にまつわるもの。街で見かけたら、「ふーん、後藤さんなんだ」と顔を見たくなるかもしれません。「3110」は、2020年5月に新設された奈良県の「飛鳥」ナンバーで特に人気です。乃木坂46の齋藤飛鳥さんにちなみます。

●推し崇拝系

「飛鳥 3110」もそうですが、アーティストにちなむナンバーは枚挙にいとまがありません。矢沢永吉さんのファンは「・830」(矢沢)、コブクロのファンは「5296」(コブクロ)、ONE OK ROCKのファンは「1096」(「・109」ワンオクなども)、倖田來未さんのファンは「9393」(クミクミ)、初音ミクのファンは「3939」(ミクミク)などなど。ライブ会場で推しの名前が書いてあるタオルを身につければ、同じファンに声がかけやすくなるように、クルマのナンバーもそうしたコミュニケーション上のアイコンになっているのかもしれません。

 加えて、野球ファンなら広島カープのファンは「51」(鯉)、ヤクルトスワローズのファンは「2896」(つば九郎)など、マスコットキャラクターの語呂合わせにするタイプもあるそうです。