災害が発生し、東京都心の駅から自宅最寄り駅まで徒歩での帰宅を余儀なくされた時、あなたは単純に大通りを進めば帰れるでしょうか。利用している鉄道路線が大通りと並行していれば迷わずに済みそうですが、全てがそうとも限りません。

大通りと並行する路線、そうでない路線

 2021年10月7日(木)に発生した千葉県北西部を震源とする地震。最大震度は5強でしたが、いくつもの鉄道路線で運転見合わせが発生しました。首都圏では震度6強クラスの大地震がいつ起きてもおかしくないとされています。その場合、交通網の復旧まで日数がかかり、都心へ出かけていた人など、歩いての帰宅を余儀なくされます。

 都心から郊外へと延びる鉄道路線を見ると、大きな道路に並行している路線と、道路とは無関係に伸びている路線とが存在します。前者の路線であれば、近くの大通りをひたすら歩いて行けば自宅にたどりつけるでしょう。歩いている途中でも、なじみのある駅名のついた交差点名を目にした時などは、自分がどのあたりにいるかが分かり、心強く感じるかもしれません。

 大通りには、コンビニやガソリンスタンド、ファミレスなども点在しています。災害時にはそこが帰宅支援ステーションとなって、水道水やトイレ、災害情報などを提供してくれます。しかし、路線が大通りに沿っていない場合は、そうした店がなかなか見つからないケースも考えられます。

 まずは現実に歩ける距離を念頭に、都心のターミナル駅から2、30km圏内を対象に分類してみましょう。

【A】大きな通りが並行している代表的路線
・京急本線、東急田園都市線、京王線

 上記3路線は特に、すぐ近くに大きな通りがあります。

・JR東海道線、JR総武線、東武東上線、東武スカイツリーライン、京成押上線、京王井の頭線

 これらの路線は、やや離れている区間があるとしても、おおむね大通りと並行しています。

 一方、並行している大通りがほとんどない路線としては以下のものが挙げられます。東急の路線が多いのが印象的です。

【B】並行する大きな通りがない代表的路線
・小田急小田原線、東急東横線、東急目黒線、東急大井町線

 具体的な例として、新宿駅をターミナルとする京王線(A)と小田急小田原線(B)を比較してみましょう。

大通りの並行路線に共通点

 京王線は、新宿から駅数にして23番目(新線経由)の府中まで21.9km、甲州街道に並行しています。1913〜1916(大正2〜5)年、街道を往来する人々を主な乗客に想定してつくられたためです。新宿駅南口前を通るのが甲州街道なので、京王線の新宿〜府中間に住む人が歩いて帰宅する場合、単純に甲州街道を西へ向かえばいいわけです。

 一方の小田急小田原線は、新宿から駅数にして15番目の狛江まで13.8km、線路に並行する大きな道はありません。1927(昭和2)年、郊外の住宅地(および小田原や箱根)と都心とを効率よく結ぶために開業した路線です。

 線路のどちらかに細い道が並行している区間も多いのですが、線路を見失うと住宅街に迷い込んでしまいます。たとえば新宿から狛江の自宅へ帰る場合、迷いにくい大通りを選択するなら、甲州街道、環八、世田谷通りで狛江駅へというようにジグザクに進むことになり、距離は約17kmになります。

 一方で狛江から先、新百合ヶ丘を経由して鶴川までは、津久井道が線路に並行しています。他の路線でも、都心近くでは並行する大きな道がなくても、郊外からは国道などの街道が線路に並行しだすといった路線がいくつかあります。

 ここで東京の鉄道網発達の歴史に目を向けてみましょう。東京の鉄道は、明治時代からの開業時期によりおおむね3つの世代に分かれます。鉄道路線が大きな道に沿う/沿わないは、この世代分けと関係していることに気づきます。

第一世代のJR線、第二世代の大手私鉄

 第一世代は、「都心と地方の大都市を結ぶことを重要視」して敷設された路線です。そのため、街道沿いに線路を敷いたり宿場近くに駅を設けたりすることにこだわっていません。おおむね明治時代半ばまでに開業した現在のJR路線――東海道線、京浜東北線、中央線などがそれにあたります。江戸時代の旧東海道にぴったり沿っているのは東海道線ではなく、後にできる京急であることや、中央線が甲州街道に沿っていないのがいい例です。

 第二世代は、「主に江戸時代からの街道沿いに開業した」路線です。明治時代後半から大正時代半ばまでに開業した現在の大手私鉄路線――東武スカイツリーライン、京成押上線、京王線がそれにあたります。西武池袋線もこの時期の開業ですが、街道に沿わない区間が長いので例外にあたります。

 第三世代は、「大正時代後半以降に開通し、地形や街道をある時は無視するようにして都心と郊外を結ぶ」路線です。1923(大正12)年の関東大震災で東京の下町が焼け野原になり、郊外へ人々の移住が進んだことなどから建設が進みました。

 小田急小田原線と東急東横・目黒・大井町3路線がその代表で、たとえば東横線は、駒沢通り、目黒通りを斜めに横切って進みます。ただし、神奈川県内に入ってからは綱島街道と並行するのは、小田急と似た特徴といえましょう。

 なお東急田園都市線の渋谷〜二子玉川間は例外で、国道246号などの地下を走っています。これは、明治時代後期に開業し第二世代に該当する路面電車の玉川電気鉄道が前身のためです。

自分の体力とも相談して… 歩く?とどまる?

 こうしたことから、特に第二世代の路線が今でも大通りに沿っていて、災害時に歩いて帰宅しやすい路線となるわけです。第一世代の路線は、その特徴から大通りに沿っていたり沿っていなかったりまちまちです。以下、第二世代の路線で並行する大通りとの関係を挙げておきます。

●明治時代開業
・京急本線(品川〜横浜):(旧)東海道(国道15号)が並行。
・東武スカイツリーライン(北千住〜春日部以北):日光街道(国道4号)が並行。
・東急田園都市線(渋谷〜二子玉川の地下区間):大山街道(国道246号など)が並行。
※路線としては第三世代(地下区間は昭和の開業)だが、その前身である路面電車の玉川電気鉄道は明治時代の開業。

●大正時代前期開業
・京成押上線(押上〜京成高砂):水戸街道(国道6号)が並行。
・京王線(新宿〜府中):甲州街道(国道20号)が並行。
・東武東上線(池袋〜川越):川越街道(国道254号)が並行。

 なお東京都では、首都直下の大地震が起きた場合、約517万人の帰宅困難者が発生すると予測されています。地震の直後、一斉に徒歩による帰宅が開始されると、道路渋滞を引き起こすほか、落下物や火災に遭遇する可能性もあるため、都は一斉帰宅の抑制を基本方針としています。

 重要なことは、企業などでは3日間以上の飲料水や食糧の備蓄の徹底、家庭では大切な人との安否確認をできるようにしておくことなどです。そして、いざ徒歩帰宅しなければならない時、自分はどのくらいの距離を歩けるのか体験的に知っておき、日頃より都心から自宅までの徒歩帰宅ルートを地図などでよく確認しておくとよいでしょう。