22日から順次導入されます。

短時間ならワンコイン

 東京都交通局は2021年10月21日(木)、都営地下鉄の9駅の構内にあるコインロッカーで、時間制料金を導入すると発表しました。導入は翌日の22日(金)からです。

 導入されるのは大門駅、新宿三丁目駅、市ヶ谷駅、浜町駅、牛込神楽坂駅、新御徒町駅、春日駅、月島駅、勝どき駅です。従来はおおむね午前2時を境とする一日料金のみの設定でしたが、「短時間でもお気軽にコインロッカーをご利用いただけるように」、このような短時間料金を導入したとのこと。

 なお、上限料金は従来のとおりですが、12時間経過後新たに料金加算が行われるようになります。