イギリス人にとって紅茶は、無くてはならないもののひとつですが、それは軍においても同様です。そのための装備をはじめ、軍専用の茶葉や、軍を巻き込んだ紅茶の淹れ方をめぐる国際的騒動など、イギリス軍と紅茶にまつわるお話です。

イギリス海軍の最新鋭空母で発生した緊急事態

 2021年5月に母港であるイギリスのポーツマス港を出港した、イギリス海軍の最新鋭空母「クイーン・エリザベス」は、大西洋や地中海、中東やインド洋での活動を経て、8月に西太平洋へと展開し、海上自衛隊や各国海軍と共同訓練を活発に実施していました。しかし、実はこの太平洋への展開中に、その艦内ではある緊急事態が発生していたのです。それが、紅茶不足です。

 そして、この危機を救ったのが、10月2日から3日にかけて日本近海で実施された6か国による共同演習に、「クイーン・エリザベス」と共に参加していたカナダ海軍のフリゲート「ウィニペグ」でした。

 カナダの公共放送であるCBCが報じたところによると、クイーン・エリザベス打撃群の司令官であるスティーブ・ムーアハウス准将は「ウィニペグ」を訪問した際に、おもてなしとして紅茶とスコーンが供されました。そこで、ムーアハウス准将が「ちょうど『クイーン・エリザベス』では紅茶不足なので助かった」と謝意を伝えると、「ウィニペグ」に備蓄されていたアールグレイのティーバッグおよそ1000個分が「クイーン・エリザベス」に提供されたとのことです。

戦車には電気ケトル常備 イギリス軍と切っても切れない紅茶文化

「紅茶ひとつで何もそこまで」という声も聞こえそうですが、イギリス人にとって紅茶は日常生活において欠かすことのできない重要な存在です。

 イギリスにおける紅茶文化は、17世紀にポルトガルからイングランドのチャールズ2世に嫁いだキャサリン王妃が持ち込んだことによって始まりました。当時、紅茶は大変な貴重品でしたが、徐々に貴族などのあいだにも広まっていき、それが時代を経て一般家庭へと普及することによって、イギリスでは紅茶を飲むという文化が定着していったのです。

 先ほどの「クイーン・エリザベス」における事例からも分かるとおり、この紅茶文化はイギリス軍においてもすっかり定着しています。たとえば、イギリス陸軍の戦車や装甲車には、紅茶を飲む際に欠かせないお湯を作るための電気ケトルが標準装備されています。これは、第2次世界大戦中にイギリス軍の戦車乗員が休憩のために車外へ出て紅茶などを準備していた際に、そうした無防備な状態で敵軍による攻撃を受けてしまう事例が多かったことなどを受けて考案されたもので、車内でも安全かつ迅速に紅茶を淹れたり、あるいは温かい食事をとったりすることができます。

 この電気ケトルが初めて搭載されたのは、1945(昭和20)年に開発された「センチュリオン」戦車で、以降さまざまな改修を受けつつ、その後の歴代イギリス陸軍の主力戦車に搭載され続けてきました。そして、現在のイギリス陸軍の主力戦車である「チャレンジャー2」にも電気ケトルは搭載されています。

 さらに、イギリス軍では「軍専用の紅茶」も用意されています。2010(平成22)年にアフガニスタンやイラクで負傷したイギリスの傷痍軍人へのチャリティーの一環として一度だけ市販されましたが、それ以外では一般の市場には出回らない幻の紅茶です。当時、その製造を担当していたのはイギリスの老舗紅茶メーカー、リントンズで、「ティーブレンダーによると、弊社の『トラディショナル』『カッパス』という商品が、これに極めて近い味とのことです」(リントンズ・ジャパン)といいます。

紅茶の淹れ方をめぐって国際問題(?)も

 このように、イギリスにおける紅茶文化は軍隊においても深く根付いているわけですが、その様は「紅茶の淹れ方」にも見られ、国を挙げての騒ぎになったこともあります。2020年、あるアメリカ人の女性が動画投稿サービス「TikTok」に紅茶の淹れ方を紹介する動画を投稿したことが、全ての発端でした。

 イギリスにおける一般的な紅茶の淹れ方は、ティーバッグにやかんで温めたお湯を注ぎ紅茶を抽出し、そののち砂糖とミルクを加えるという、おそらく大多数の日本人にとってもごく一般的な方法です。

 しかし、くだんの動画においてそのアメリカ人女性は「電子レンジで加熱した水道水に牛乳を加えてからティーバッグを投入する」「明らかに大量すぎる砂糖を加える」「(アイスティーの作り方として)抽出した紅茶液に大量の砂糖とさらなる水道水を加えて冷蔵庫で冷やす」など、ともすると暴力的ともとられかねない方法で紅茶を淹れており、これが紅茶を愛してやまないイギリス人たちのあいだで大きな騒動となったのです。

 そして、ついにこの問題に関してイギリス政府も動き出します。なんと、当時のイギリス駐米大使がTwitterに「正しい紅茶の淹れ方」を説明する動画を投稿し、そこでイギリスの陸海空軍に所属するそれぞれの兵士が、各々の特殊な環境でいかに紅茶を淹れるのかを説明したのです。

 さらに、同年7月4日のアメリカ独立記念日には、イギリス陸軍の兵士が主力戦車「チャレンジャー2」の車上で紅茶の淹れ方を紹介する動画がイギリス陸軍の公式Twitterに投稿されました。そこでは「電子レンジではなくケトルを用意します」という、前述のTikTok動画を意識した台詞や、1773年12月に発生した「ボストン茶会事件(イギリスの植民地政策に反対した人々が、ボストン港に停泊していた船から茶箱を海に投棄した事件)」を念頭に置いた、「ティーバッグをマグカップに入れます。港にではありません」と皮肉を込めた台詞が聞かれました。

 このように、イギリスでは一般社会のみならず軍隊においても、紅茶はその淹れ方も含めて、欠かすことのできない伝統文化のひとつとなっているのです。