特別塗装機も就航する予定です。

紙コップとメンコを提供 機内ビデオも?

 ANA(全日空)が2021年12月より、大ヒットTVアニメ『鬼滅の刃』とのタイアップを開始します。この第1弾として同日から、国内線で機内サービス時の紙コップが『鬼滅』仕様の特別デザインとなるほか、『鬼滅』デザインのメンコが子供向けの玩具のラインナップに加わります。

 紙コップのデザインは、主人公の竈門炭治郎、その妹である禰豆子(ねずこ。「禰」は「ネ+爾」が正しい表記となる)のシルエットが描かれたもの。全ての国内線普通席で、このデザインの紙コップが導入されます。

 メンコは全18種類あり、1枚2セットで配布されます。メンコは白い包み紙にくるまれており、「封入されているメンコの種類は、開封するまでのお楽しみです」(ANA)とのことです。

 このほか、12月からは、機内ビデオプログラムでテレビアニメ『鬼滅の刃』竈門炭治郎 立志編全26話を一挙上映。オーディオプログラムでも、『鬼滅』関連の放送が予定されています。

 なおタイアップは2022年からさらに本格化する予定で、1月には『鬼滅』仕様の特別塗装機「『鬼滅の刃』じぇっと -壱-」が就航します。担当機は、ボーイング767-300ER「JA616A」となる予定です。なお、ANAではもう1機『鬼滅』仕様の特別塗装機をデビューさせる予定とのことです。