最終日は3月21日です!

駅弁の車内引換券も発売

 JR九州は2021年11月30日(火)、2020年9月19日(土)から運転を見合わせている特急「はやとの風」を期間限定で運行を再開すると発表しました。

 運転期間は2021年12月25日(土)から2022年3月21日(月・祝)まで。土日祝を中心とした44日間、鹿児島中央〜吉松間を1日2往復します。列車は全席指定で、指定席券は乗車日の1ヶ月前の午前10時から発売となります(12月25日から12月30日運転分は12月1日〈水〉の午前10時より発売)。

 あわせて12月1日の午前10時からは駅弁「百年の旅物語 かれい川」と「花の待つ駅 かれい川」の車内引換券を数量限定で発売します。購入するには、乗車日の2日前までJR九州のみどりの窓口で「はやとの風」の指定席券の提示が必要です。価格は「百年の旅物語 かれい川」「花の待つ駅 かれい川」とも1200円。ただし「はやとの風2号」の鹿児島中央〜隼人間では引き換えることはできません。

 このほか、期間限定運行中は記念きっぷの発売や肥薩線沿線のおもてなし、車内イベントなどのイベントを予定しています。

 特急「はやとの風」に使用しているキハ40系ディーゼルカー(キハ47形とキハ147形)は、2022年秋に西九州新幹線開業にあわせてデビューする新D&S列車 特急「ふたつ星4047」として生まれ変わるため、2022年3月21日(月・祝)が鹿児島地区での最後の運行となります。