エアバス社が手掛ける総2階建ての世界最大旅客機「A380」。フランスには、この機種のプロ仕様のシミュレーターが存在します。ほかのエアバス機とどのように違うのでしょうか。実際に乗ってみました。

コックピットはほかのエアバス機とよく似ているが…

 ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社が手掛ける総2階建ての胴体をもつ、世界最大の旅客機「A380」。フランス・トゥールーズにある同社の施設の一角には、世界でも台数の少ないA380のフライトシミュレーターがあります。エアバス社協力のもと、その施設内に入ることができました。

 これらのシミュレーターは、パイロット訓練などに使用される、まさに「プロクオリティ」のもの。計器表示などがリアルであることはもちろんのこと、操作に合わせて空間が動くのが最大の特徴です。操作を行うと、実機さながらの振動や加速度を感じることができます。

 A380をはじめとするエアバス社の旅客機の多くは「フライ・バイ・ワイヤ(電気制御で飛行するシステム)」が採用されており、機体の大きさにかかわらず、システムやコントロールパネル、操縦手順について共通化が図られているのが特徴です。

 ちなみに、この利点を生かした取り組みも進んでおり、たとえばA380とA320シリーズを保有するANA(全日空)では、資格を有したパイロットが両タイプを乗務できる混合乗務「Mixed Fleet Flying(MFF)」が国土交通省より承認されています。

A320とA380、乗り心地はどう違う?

 とはいえA320とA380の機体の大きさは、まさに”段違い”。A320は全長37.6m、全幅34.1mに対し、A380の全長は72.7m、全幅にいたっては79.8mにもなります。つまり2機の胴体の大きさは倍近くちがうわけです。

 このことによって、機体のサイズに比例し、エンジンと操縦席の距離が離れているためか、エアバスの担当者は「A380はコクピットが静かだ」と説明します。

 両機のシミュレーターのジャンプシート(操縦席のすぐ後ろにある関係者などのための席)で乗り比べた経験があるという人物は「機体自体が大きいからか、A380のコクピットシミュレーターのほうが揺れが少ないように感じた」と話します。