旧・なまらカワイイ機もフィナーレを迎えそうです!

ラストは9日の32便

 北海道を拠点とする航空会社、AIRDOで運航されている特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET(機番:JA602A。ボーイング767-300)」が、2021年12月9日(木)をもって商用フライトから退役します。

 JA602Aは1998(平成10)年、ANA(全日空)でデビューしました。その後2016(平成28)年にAIRDOへ移籍。同社では、マスコットキャラクター「ベア・ドゥ」と北海道の四季を機体全面に描いた特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」として、約5年半運航されました。なお、JA602Aは、2012年12月に新たにAIRDOへとやってきた「ロコンジェット北海道(機番:JA607A)」と入れ替わる形での退役となります。

 商用運航最終日となる9日は、羽田〜新千歳、旭川線を計6便(3往復)運航。最終便は、新千歳18時発、羽田19時30分着のADO32便の予定です。AIRDOによると、「ラストフライトでは搭乗証明書・オリジナルタグ・オリジナルビニールプレーンをお配りする予定」とのことです。