いよいよ迫ってきた感ありますね!

初号機と2号機でホノルル線へ

 ANA(全日空)が2022年7月1日から、約2年4か月ぶりに定期便へ定常的に投入する総2階建て客室を持つ超巨大旅客機、エアバスA380「フライングホヌ」。再投入を直前に控えた6月24日深夜、同機の拠点である成田空港では、同型機の外装洗浄作業が実施されています。

 ANAのA380は、2019年に成田〜ホノルル線の専用機として導入されました。現在は3機体制で、それぞれ異なったデザインとトレードカラーをもつ「ウミガメ(ホヌ)」の特別塗装が施されています。座席はファースト、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの4クラスで計520席を配します。

 ただ、新型コロナウイルス感染拡大による需要減退の影響によって、同型機は2020年3月に定期便運用から外れており、その間は成田空港で羽を休めながらも、不定期で地上イベントや遊覧チャーターなどに活用されてきました。

 今回洗浄された「JA382A」は導入2号機で、「ハワイの海」をイメージしたグリーンのカラーリングが特徴。7月からは「ANAブルー」のカラーリングを持つ初号機「JA381A」と2機体制で、金曜、土曜の週2往復のスケジュールで成田〜ホノルル線の運用に入る予定です。なお、初号機も運航開始までに洗浄が実施される予定とのことです。

今回の洗浄作業、どんな感じだった?

 この2号機が洗浄されるのは、2021年4月以来、約1年2か月ぶり。通常、ANA機は100日に1回程度のペースで洗浄が実施されるとのことですが、定期便で運航が見合わせられていたことから、久しぶりに洗浄が実施されることになりました。

「私はエンジンを洗浄したのですが、少し掃除したらまるっと汚れが落ちていきました。成田周辺の土埃や花粉などの強烈さを感じました。こういった汚れは離着陸をしていれば付きづらいのですが、これまで地上に停まったままの状態が多かったので……」。洗浄作業を実施する担当者はこのように作業の感想を話します。

 作業は15人で実施され、作業完了まで約6時間を見込んでいるといいます。同氏によると、たとえばANAの主力機のひとつ、ボーイング787の場合、10名で約3時間かけ洗浄作業を行うそう。この比較でも、A380がいかに規格外の大きさなのかが分かります。

 A380の洗浄作業を担当することについて同氏は「これまでコロナ禍で飛ばしてあげられなかったのが申し訳ない気持ちがあったので、今回(定常運用に復帰することは)は非常にうれしいです。スタッフもみな『待ちに待ったA380をキレイにする日だ』と気合が入っています」と話しました。

 なお、ANAでは同月から、A380運航で成田〜ホノルル便を復便させるほか、羽田〜ホノルル線を週5往復へ増便。これで、東京〜ホノルル線は毎日運航となり、渡航制限の緩和による、サマーシーズンの旅行需要の取り込みを狙います。