スウェーデン&フィンランドがNATO「加盟議定書」に署名後、初のケース。

旗艦はヘルシンキへ 海兵隊准将もコメント

 アメリカ海軍は2022年8月5日、第22海兵遠征部隊(22MEU)を載せた「キアサージ」両用戦グループが同盟国およびパートナー国を訪問するためバルト海諸国の複数の港に入港したと発表しました。

「キアサージ」両用戦グループは、イタリアのナポリに司令部を置くアメリカ海軍第6艦隊指揮下の両用戦部隊で、今回バルト海諸国に派遣されたのは強襲揚陸艦「キアサージ」、ドック型輸送揚陸艦「アーリントン」、ドック型揚陸艦「ガンストン・ホール」の3隻です。

「キアサージ」はフィンランドの首都ヘルシンキに、ドック型輸送揚陸艦「アーリントン」がスウェーデンの首都ストックホルムに、そしてドック型揚陸艦「ガンストン・ホール」がエストニアの首都タリンにそれぞれ寄港しました。

 今回の寄港は事前に予定されていたとのことですが、フィンランドとスウェーデンがNATO(北大西洋条約機構)に加盟することを決め、ベルギーのブリュッセルで「加盟議定書」に署名してから初めてのケースになります。

 ヘルシンキではアメリカとフィンランド両国の関係者による記者会見が行われ、第61任務部隊(タスクフォース)司令官を務める第2海兵師団の師団長アンドリュー・プリディ准将は「私たちは今後行われる各種訓練や協力醸成を楽しみにしています」とコメントしています。

 なお、「キアサージ」は8月8日までヘルシンキに滞在する予定です。