見ると幸せになれそうで、クリームパンが食べたくなる機体でした。

「バニラエア塗装で運航して欲しい」の声に応え

 LCC(格安航空会社)のピーチが2022年10月6日をもって、同社のトレードカラーのピンクの塗装ではなく、黄色いデザインをまとった特別塗装機「JA08VA(機種はエアバスA320)」を退役させる予定であることを、同社の公式Twitterなどで明らかにしました。

 このJA08VAは、ピーチと2019年に合併したLCC、バニラエアからピーチに引き継がれた機体。この黄色いデザインは、「バニラエア」のものが引き継がれています。

 JA08VAはバニラエアでの運航終了後、海外での機材改修を経て、2020年12月に各種整備やピーチ標準塗装への塗り替えのため関西空港に到着。その姿を見た航空ファンから、SNS上で「バニラエアの黄色いデザインのまま運航してほしい」という多くの反響があったことがきっかけで、この「バニラ塗装」が実現し、黄色い尾翼をまとった状態で2021年3月5日から運航が開始されました。

 この機のベースデザインは、先述のとおりバニラエアの塗装のままですが、胴体左側には、かつてバニラエアがマーケットを開拓した鹿児島県の奄美群島への想いを込め「Fly Peach to AMAMI」と書かれたデカールが貼られています。一方、右側前方には通常塗装と同じフォントで「peach」ロゴが入っています。

 一般的に飛行機の寿命は約20〜25年と言われており、同機の機齢はまだ7年。ピーチは「JA08VAは、今後も多くの人の夢や希望をのせて世界の空で活躍していくことでしょう!これまで本当にお疲れ様でした。ほんまに、ほんまにOOKINI!!」とコメントしています。