第2次大戦中にアメリカ海軍へ配備されていたOS2U水上観測機は、海面に離着水可能なため、不時着した味方パイロットの救出に多用されました。そういったなか、瀬戸内海などで行った危険極まりないレスキュー任務を見てみます。

戦闘報告書に明記されている低速機「キングフィッシャー」の奮闘ぶり

 太平洋戦争時、戦艦や巡洋艦などは弾着観測や周辺索敵などに用いるため、観測機や偵察機を搭載していました。日本が用いたものでは零式観測機や零式三座水上偵察機が知られますが、アメリカ側でそれらにあたる機種だったのが、OS2U「キングフィッシャー」です。チャンス・ボート社が開発・生産し、1939(昭和14)年に採用されました。

 同機の主な任務は主砲の着弾観測でしたが、開戦後は砲撃戦の機会が少なかったことから、もっぱら偵察や対潜哨戒に使われていました。ただ、OS2Uは別の任務も担っていました。それは、撃墜され生き残ったパイロットを救助すること。それに関して、アメリカ海軍の戦闘報告書には、太平洋戦争末期に日本本土からパイロットを救出したOS2U「キングフィッシャー」の勇敢なる逸話が記されています。

 終戦5か月前の1945(昭和20)年3月26日に沖縄戦が始まると、アメリカ海軍は特攻機の基地になっていた九州を中心として、空母艦載機で日本の航空基地を連日にわたり爆撃していました。

 5月14日は九州全域および四国の高知と松山が標的で、その中に大分県の宇佐飛行場が含まれていました。この作戦でアメリカ空母「ランドルフ」を飛び立った急降下爆撃機SB2C「ヘルダイバー」の1機が、対空砲火で周防灘の姫島近くに不時着水します。

 アメリカ軍機には圧縮空気で展張する救命ボートが装備してあり、脱出した2名の搭乗員は海上に避難しました。

 同空母の写真撮影班だった8機のF6F-5P戦闘機が救命ボートを発見、上空を旋回しながら哨戒していると、東から西に向かう日本の駆逐艦2隻が迫ってきました。その後、駆逐艦が救命ボートに銃撃を始めたのでF6Fは機銃掃射で注意をそらし、大事に至らないよう奮闘。やがて、救命ボートの搭乗員は重巡洋艦「アストリア」から飛来したOS2U「キングフィッシャー」観測機に救出されています。

 近づいてきた日本の駆逐艦は、呉から下関を経て日本海を北上し大湊(青森県)を目指していた松型の「柳」と橘(たちばな)型の「橘」です。4月に戦艦「大和」の沖縄特攻から外されて、新たな配備先の大湊警備府に向かうところでした。このとき、「柳」ではF6Fの銃撃で死傷者が出ています。

青森・陸奥湾でも際どい任務

 その後、アメリカの空母部隊は終戦直前の1945(昭和20)8月9日に東北から北海道にかけて大規模な大空襲を実施。そのなかには大湊が含まれていました。

 空母「タイコンデロガ」「エセックス」「ランドルフ」から出撃した攻撃隊による爆弾とロケット弾、機銃掃射で、大湊港にいた敷設艦「常盤」と駆逐艦「柳」が大破擱座しています。

 このとき、貨物船に急降下爆撃したF4U「コルセア」戦闘機1機が、退避中にエンジン停止となり、警備府の南8kmの陸奥湾に不時着水しました。パイロットのコーンビー中尉は救命ボートを使って脱出。陸地に明かりが見えたので浜(現在のむつ市中野沢付近)までたどり着き、線路(大湊線)近くの森にゴムボートを隠して一夜を敵地(日本)で過ごしました。

 午前6時、眠りについていたコーンビー中尉は飛行機のエンジン音で目を覚まします。前日に彼が脱出するのを目撃した仲間のF4U「コルセア」が救出に来たのです。彼は緊急キットにあった銃を撃ち、スカーフを振って僚機に合図しました。

 彼の生存を確認したF4Uは位置を報告。これにより昼の12時頃、「エセックス」から3機のF4Uと1機のF6F、さらに戦艦「ノースカロライナ」を発進した2機のOS2U「キングフィッシャー」からなる救出部隊がコーンビー中尉の頭上に到着します。

 彼が浜に出たとき、F4Uの1機が、投下しようとした救命ボートが絡まりバランスを崩して機体ごと海面に激突してしまいます。

滞空時間7時間半にもおよんだレスキューミッション

 コーンビー中尉は海に入って泳ぎ出すと、ジェイコブス大尉が操縦するOS2U「キングフィッシャー」が着水します。ジェイコブス大尉はタキシングしたまま片足を主翼に、もう一方の足を座席に置いて中尉を救出しようとしたところ、機体が波に煽られました。これにより、スロットルを開いたままの機体が動き出したことで、ジェイコブス大尉は機体から海面へと放り出されてしまいます。

 日本側の砲撃が周囲に着弾するなか、危険を顧みずに2機目のOS2Uが着水、海面の2人を救出します。こうして滞空時間7時間36分に及ぶ救出ミッションは、犠牲を出しつつも成功し、午後4時15分にOS2Uは戦艦「ノースカロライナ」へ帰還しました。

 アメリカ海軍の戦闘報告書は「彼(コーンビー)は翌朝、『エセックス』に戻り、良く日焼けして元気旺盛だった」と救出作戦の最後を締めくくっています。

 こうしたパイロットの救出は旧日本軍も行っています。ただし、それらは制海権や航空優勢の確保がなければ困難でした。戦争末期にアメリカ軍の救出が成功したのは、日本近海においてアメリカ軍が戦局を支配していたからだったといえるでしょう。