エアコン室外機かと思った?

車両いすゞ、ステーションはJFE、バッテリーはHKSが製造

 自動車部品メーカーのエッチ・ケー・エス(HKS、静岡県富士宮市)は2022年11月24日、バッテリー交換式EV小型トラックを用いた配送実証を開始したと発表しました。

 このプロジェクトは、伊藤忠商事を代表企業とし、車両をいすゞ、バッテリー交換ステーションをJFEエンジニアリング、バッテリーパックをHKSが開発。ファミリーマートを含めた4社で取り組むものです。

 バッテリー交換ステーションを埼玉県三郷市のファミリーマート三郷中央定温センターに設置し、2台の小型トラックで実証。三郷市と八潮市を中心とするファミリーマート約80店舗に向け、おむすびや弁当、サンドイッチなどを中心とした1日3便の店舗配送コースにて実施します。

 ステーションの建屋にトラックを横付けし、あらかじめ充電されたバッテリーと自動で交換を行います。エアコンの室外機ほどの大きさのバッテリーパックは、トラックのキャビンと荷台の間に据え付け。交換に要する時間は約3分で、充電時間の制約をなくせるといいます。

 これにより、軽油使用の内燃車比較で1台当たりのCO2削減量は年間6.1tになると試算されるといいます。また、バッテリー交換ステーションの屋根に設置した太陽光パネルを用いて再生可能エネルギーとの連系についても検証を行う予定だそうです。実証期間(予定)は2024年度末までです。

 こうしたバッテリー交換式のEVトラックは中国などですでに普及しています。日本でも配送事業者のほか、石油元売りや自動車メーカーなどで開発が進んでいます。