世界初のステルス戦闘機といわれるのはアメリカ空軍のF-117「ナイトホーク」ですが、同機の実験機として造られた「ハブ・ブルー」こそ、元祖ステルス機かもしれません。当時のアメリカの機密中の機密、写真も少なく実機も残っていません。

ステルス実験機の開発元は有名設計チーム

 1977(昭和52)年12月1日はロッキード社(現ロッキード・マーチン)の技術実証機「ハブ・ブルー」が初飛行した日です。

 レーダーで捉えにくくなる、いわゆるステルス技術は、21世紀の現在、軍用機の世界では定番となりつつあり、日本も第5世代戦闘機としてアメリカ製のF-35A「ライトニングII」を導入・運用しています。しかし、1970年代はそれを実現するための技術が開発中の段階でした。そして、この「ハブ・ブルー」はステルス機が技術的に実現可能かどうかを試すための機体だったのです。

 開発を担当したのは、ロッキード社の先進開発部門「スカンク・ワークス」です。ここはU-2戦略偵察機やSR-71超音速偵察機などを開発したほか、近年では映画『トップガン マーヴェリック』に登場した架空機「ダークスター」の技術考証も担当している名門部署です。

「ハブ・ブルー」の外見は、後に開発された世界初の実用ステルス戦闘機F-117「ナイトホーク」を小型化したような形をしており、機体の形状は非常によく似ています。機体の形は曲線ではなく平面を組み合わせた角張ったデザインとなっており、その外見は一般的な航空機のイメージとはかけ離れたものでした。

 この形は機体に照射された電波を特定方向に乱反射させるためのものであり、ゆえに「ハブ・ブルー」は航空工学ではなく、レーダー工学に基づいてデザインされた最初の航空機とも言われています。実際にどの程度レーダーから見えにくくなるのかは極秘扱いのため不明ですが、技術者はコンピュータープログラムによるシミュレーション結果から「(レーダー反射断面積は)鷹の眼球くらい」とコメントしたと言われています。

 しかし、その外見は当時、開発プロジェクトに携わっていた関係者から不評だったようで、全体が菱形かつ多面体で構成されたデザインから「ホープレス・ダイヤモンド(希望の無いダイヤモンド)」という悲観的なニックネームが付けられたほどでした。

F-117にソックリ、でも中身は既存機の流用

 当時、ステルス技術に関する研究開発は極秘であり、この「ハブ・ブルー」の製造とテストも隠密裏に実施されています。予算を節約するために、機体はF-5「タイガー」戦闘機のランディング・ギアや、F-16「ファイティング・ファルコン」戦闘機のフライ・バイ・ワイヤシステムを流用。エンジンも当時、海軍で使われていたT-2C「バックアイ」練習機のものが使われました。

「ハブ・ブルー」は当時、カリフォルニア州バーバンクにあったロッキード社の工場で製造されましたが、存在を完全に隠匿するためにエンジンテストは夜間にのみ実施。バーバンク市民の安眠と、関係者がクレーム電話に対応することを引き換えに、機体の存在は世間に知られることはありませんでした。

 完成した機体は分解してC-5「ギャラクシー」輸送機に積み込まれると、ネバダ州のネリス空軍射爆場(現ネリス試験訓練場)にある実験施設、通称「エリア51」に運び込まれて、世間の目から隔絶された状態で飛行試験を行っています。「ハブ・ブルー」に関する情報が極端に少ないのもそのためで、特にステルス機の場合は機体の外見自体が技術的に重要とされるので、写真については撮影そのものが制限されていたようです。

「ハブ・ブルー」は2機が製造され、1号機(HB1001)は36回、2号機(HB1002)は52回の試験飛行を実施しています。しかし、双方の機体とも飛行中の事故で大破。機密保持を目的に、残骸はネリス空軍射爆場の敷地内に埋められ、その正確な場所はいまや誰も知らないとほどだそう。

 墜落という航空機にとっては悲劇的な終わり方をした「ハブ・ブルー」でしたが、開発計画自体は成功したと判断され、これにより「ステルス機」というコンセプトがレーダーに対して有効であることが証明されました。

ネバダ砂漠に行けば見つけられる?

 その後、1978(昭和53)年にアメリカ議会は秘密裏にステルス戦闘機の開発を承認。こうして誕生したのが史上初の実用ステルス戦闘機F-117「ナイトホーク」です。ちなみにF-117の初飛行は1981(昭和56)年ですが、その場所は「ハブ・ブルー」と同じエリア51でした。

 技術史的に見れば、「ハブ・ブルー」はステルス戦闘機の元祖ともいえる重要な機体です。ステルス技術が必須となった21世紀現在の軍用機に関する開発状況を鑑みれば、歴史的な偉業として博物館に展示されてもおかしくない存在といえるでしょう。

 しかし、当時の冷戦下における機密保持と不幸な事故によって、現在、残っているのは僅かな写真と、ネバダ砂漠のどこかに埋まった残骸のみとなっています。