インドネシアのジャカルタで開催された防衛イベントに、新戦闘機i-22「シカタン」のモックアップが登場。発展目覚ましい同国の勢いを象徴する存在……かと思いきや、実は「それ以上でも以下でもない」ものでした。

ジャカルタに登場した新戦闘機のモックアップ

 インドネシアの首都ジャカルタのコンベンションセンター「ジャカルタ・インターナショナル・エキスポ」で2022年11月2日から5日、防衛・セキュリティ総合イベント「インドゥ・ディフェンス2022」が開催。同国の防衛総合企業のインフォグローバルが、新戦闘機i-22「シカタン」のモックアップを出展しました。

 i-22の機首はレーダー波を反らす効果を持つそろばん玉のような形状で、垂直尾翼も同様の効果を狙って左右に大きく傾斜しています。その一方で、対レーダーステルス性能を高める上では不利になるカナード翼も備えています。

 機体後部のエンジン排気口も、F-22やF-35のようなレーダー波を反らす効果を持つ形状ではなく、ステルス性能がそれほど重視されていなかったに時期に開発されたF/A-18「ホーネット」やユーロファイター・タイフーンなどの第4〜4.5世代戦闘機と大差ない形状となっています。

 本格的な対レーダーステルス性能を備えた第5世代戦闘機となると、開発費も技術的なハードルも高くなります。そこで限定的な対レーダーステルス性能を備えた第4.5世代機を開発するというコンセプトは、韓国のKF-21「ポラメ」と共通しています。i-22は全長12.5m、全幅7mと、KF-21(全長16.9m・全幅11.2m)に比べて一回り小さく、インドネシア空軍が韓国から導入したジェット練習/軽攻撃機のT-50i(全長13.144m・全幅9.45m)に近いサイズにまとめられています。

 インフォグローバルはi-22の用途として、戦闘のほかISR(情報収集・警戒監視・偵察)、電子戦などを挙げています。

中小国にいいんじゃない? って質問したら驚愕の回答が…

 T-50をベースに開発されたFA-50や、イタリア空軍などが運用しているM-346練習機ベースのM-346FAといった軽戦闘/攻撃機は、電子機器の小型化と高性能化によりレーダー誘導空対空ミサイルや精密誘導兵器などの運用能力も備えており、資金に余裕の無い中小国を中心にシェアを拡大しています。これらが対レーダーステルス性能をそれほど考慮していないことを考えると、i-22は資金に余裕がなく、その一方で一定の対レーダーステルス性能を備えた戦闘機が欲しい国々には、魅力的に映るのではないかと感じました。

 こうした理由から筆者(竹内 修:軍事ジャーリスト)は、i-22を世界の軽戦闘/攻撃機市場への参入を狙った計画と見て、実大モックアップを製造したインフォグローバルのブースでその旨の質問をしてみました。すると同社の担当者は驚くべき回答を口にしたのです。

「i-22は軽戦闘/攻撃機市場への参入を狙ったものでも、インドネシア空軍への提案を狙ったものでもなく、さらに言えば具体的な開発計画もない」

 では、インフォグローバルは何のために少なからぬ費用を投じて実大モックアップを制作し、それをインドゥ・ディフェンス2022に出展したのでしょうか。同社の担当者は筆者の投げかけた疑問に対して次のように答えました。

「このレベルの戦闘機であれば、インドネシアの国内産業の技術で十分開発できることを国民にアピールして、防衛装備品のさらなる国産化を進めるためにi-22のコンセプトを発表し、実大モックアップを作った」

なんでこんなの作ったの?

 インドネシアはエネルギー資源や農作物を主産業とする国家から、工業を主産業とする国家脱皮を図っており、防衛産業を重工業基盤構築のけん引役としたいと考えているようです。

 同国軍の国産防衛装備品の比率はまだ高くはありませんが、陸軍の装備品では、トルコと共同開発した中戦車「ハリマウ」の導入計画が進められており、またトルコなど諸外国からの技術支援を受けて開発した軽装甲車などは実戦配備されています。

 海軍の艦艇も韓国のチャンポゴ級通常動力攻撃型潜水艦を国産化したナーガパーサ級の国内建造に成功しており、国内で建造された艦艇の配備も進んでいます。

 その一方で空軍と海軍の固定翼航空機に関しては、それほど国産化が進んでいません。スペインの航空機メーカーのCASA(現エアバス・ディフェンス&スペース)が開発したC-295戦術輸送機とC-212小型輸送機のライセンス生産機、CASAとインドネシアの航空機メーカーIPTNが共同開発したC-235戦術輸送機とその派生型が配備されるにとどまっています。

 つまりi-22は、自国でも戦闘機を開発できることを示し、インドネシア国民に対して「喝を入れる」ためのコンセプトというわけです。現時点ではそれ以上のものもそれ以下のものでもありません。

 しかし、国ではなく民間企業が実用化の予定の無い戦闘機のコンセプトをまとめあげ、実大モックアップを製造し、それを国家的なイベントである「インドゥ・ディフェンス2022」に出展するあたりに、近年目覚ましい経済成長を遂げているインドネシアという国家の勢いと、同国国民の航空産業に対する大きな期待を筆者は感じさせられました。