あと数年で一気につながりそうです。

補正予算の概要が出る

 国土交通省 中国地方整備局は2022年12月5日、今年度の補正予算について概要を発表しました。総額1405億円のうち、「山陰道」の整備に一部が配分されます。

 山陰道は鳥取市から山口県下関市の小月まで、日本海沿いを380kmにわたり縦貫する計画の道路。現在はその55%にあたる208kmが開通済みで、27%にあたる104kmが事業中です。

 補正予算の主要配分事業として挙げられているのは、次の5か所です。

●鳥取県
・「北条道路」湯梨浜町〜琴浦町 13.5km、2026年度開通予定。

●島根県
・「出雲〜仁摩」出雲市〜大田市 37.1km、うち15.3km開通済み。2023年度12.9km、24年度8.9km開通予定。
・「三隅・益田道路」浜田市〜益田市 15.2km、2025年度開通予定。

●山口県
・「木与防災」阿武町 5.1km、開通年次は未公表。
・「俵山・豊田道路」長門市〜下関市 13.9km、開通年次は未公表。

 いずれも、補正予算で改良工事などを前倒しすることで、着実な事業進捗を図るとしています。

 このうち鳥取の北条道路が開通すると、鳥取県内は全通です。島根県内もほぼ事業化されており、上記2区間ができると、石見地方に未開通区間をいくつか残すのみとなります。

 一方、山口県内は現状で開通区間20km、事業化区間33kmと、2県と比べかなり遅れています。ちなみに長門市から下関市のあいだは鉄道の山陰本線と違い、海沿いを回るのではなく山間部を短絡します。

 山陰地方は歴史的に、山陽地方とを連絡する横断鉄道や道路が先に建設され、それらを中心に、東西方向の縦貫道が各所で延びてきました。それらが全て1本につながる日が、着実に近づいています。