かなり鮮明な映像。

至近距離で機関砲を撃ち合いながら擦れ違う

 ウクライナ国防省は2024年6月8日(月)、M2「ブラッドレー」歩兵戦闘車とロシア軍の装甲兵員輸送車が、至近距離で機関砲を撃ち合いながら擦れ違う様子を捉えた映像を公開しました。

 M2「ブラッドレー」は、アメリカがウクライナに供与した歩兵戦闘車で、25mm機関砲「M242ブッシュマスター」のほか、TOW対戦車ミサイルなども備えています。ウクライナ陸軍では精鋭の第47独立機械化旅団に配備され、ロシア軍との激しい戦いに投入されています。
 
 映像では、歩兵を乗せたロシア軍のBTR-82装甲兵員輸送車とM2「ブラッドレー」が、機関砲を撃ち合いながら、かなりの至近距離ですれ違っています。あわや正面衝突というところで、BTR-82が道から外れて衝突は回避されたものの、BTR-82には25mm機関砲弾が次々と命中。乗せていた歩兵は振り落とされ、大きく損傷したことが確認できます。至近距離の戦闘はウクライナ軍に軍配が上がったようです。
 
 ウクライナ国防省は、2024年に入り、M2「ブラッドレー」がロシア軍のT-90MやT-80戦車、BMP-2歩兵戦闘車、MT-LB装甲車などを撃破する映像を相次いで公開しています。M2「ブラッドレー」は戦闘による損失も発生していますが、ロシア軍の車両に対する戦闘で大きな戦果をあげている模様です。

超至近距離ですれ違う両軍の車両