トヨタグループの完成車輸送を担う新たな自動車運搬船が進水しました。東南アジアへの航路としては初のLNG燃料船。自動車のみならず、その輸送においても、脱炭素化が加速しています。

トヨタ車をエコに運ぶ

 トヨタグループのトヨフジ海運が発注したLNG(液化天然ガス)燃料自動車船の第1番船「TRANS HARMONY GREEN(トランス・ハーモニー・グリーン)」が2024年6月7日、三菱重工業下関造船所で進水しました。トヨフジ海運は今後、LNGをはじめとした環境に優しい燃料を使用する自動車船の整備を拡大していく方針で、すでに2番船の建造も始まっています。

「TRANS HARMONY GREEN」は次世代の自動車船隊を象徴する船として、2025年2月から日本―東南アジア航路でトヨタ自動車をはじめとする完成車輸送に従事する予定です。トヨフジ海運のフラッグシップのひとつに位置づけられています。

 全長195m、全幅30.6m、総トン数4万9500トンで、「下関造船所で建造可能な最大級の船」(三菱重工広報)とのこと。航海速力は19.5ノット(約36km/h)。トヨフジ海運が積載車両台数をトヨタ「クラウン」換算で約3000台としているのも、トヨタグループらしいところです。

 引き渡しは2025年1月末を予定しており、同年2月から横浜や名古屋で完成車などを積み、レムチャバン(タイ)、ポート・ケラン(マレーシア)、シンガポール、パティンバン(インドネシア)といった東南アジアの各港へ向かう航路に投入されます。

 同船が持つ最大の特徴は、この日本―東南アジア航路としては、初のLNG燃料自動車船ということです。三菱造船が手掛けたLNG燃料船としては、商船三井さんふらわあのフェリー「さんふらわあ くれない/むらさき」(1万7114総トン)やKEYS Bunkering West JapanのLNGバンカリング船「KEYS Azalea」(4744総トン)に続く4隻目です。

 なお、三菱重工側はこの船について、トラックなどが船内まで自走できる構造であることからRORO船(Roll-on Roll-off ship)と説明しており、同社が建造するRORO船としても初のLNG燃料船となります。

自動車の輸送手段も脱炭素 急速に進める

「TRANS HARMONY GREEN」ではLNGと軽油を燃料として使用できる2元燃料(DF)エンジンを搭載しました。現在、就航している同規模の重油燃料船と比較して、船型改良などの効果も含め、燃焼時のCO2(二酸化炭素)排出量を35%削減。さらに硫黄酸化物(SOx)の排出も99%削減できると見込まれています。

 LNGのバンカリング(供給)に関しては国内のバンカリング船がまだ少ないため、シンガポールなどで行う予定です。トヨフジ海運によると「従来の船舶建造コンセプトである『安全を最優先にしつつ、地球環境と人への調和』を引き継ぎ、その想いを更に深化させ建造した」としています。

 トヨフジ海運は2050年までに船舶のCO2(二酸化炭素)排出ゼロを目指す「トヨフジ環境チャレンジ2050」を掲げ、既存の船隊を重油焚きから次世代燃料船へ切り替えていく方針を示しています。

 すでにバイオディーゼル燃料を使用した船舶の運航を始めており、内航では2023年4月から2000台積みの「とよふじ丸」(1万2687総トン)でバイオ燃料を本格的に導入しました。

 外航では同年10月から日本―オセアニア(豪州・ニュージーランド)航路の「DREAM JASMINE」(3000台積み、4万1662総トン)でバイオ燃料の試験導入を実施しています。同船のバイオ燃料は使用済み食用油から製造されており、低硫黄C重油に24%混合して使用。これにより既存の化石燃料と比較してCO2の排出を約20%削減することが見込まれています。

 一方でバイオ燃料は「足元の対応策」である上、荷主の自動車業界もCO2の排出が大きく削減できる船を求めています。そのため将来的にはメタノールやアンモニアといった燃料も導入される可能性があります。こうした点からも「TRANS HARMONY GREEN」にかける期待は大きいと言えるでしょう。

 トヨフジ海運は三菱造船にLNG燃料自動車船を2隻発注しており、2024年11月には2番船の命名・進水が行われる見込みです。