過去にはロシアのステルス戦闘機っぽい塗装も登場しました。

飛行教導群のF-15に新塗装が登場

 航空自衛隊の小松基地(石川県小松市)は2024年6月14日、飛行教導群のF-15戦闘機に、新たな識別塗装機が登場したと発表。塗装作業の映像も公式X(旧Twitter)公開しました。

 飛行教導群は、戦闘機の訓練で敵役を演じる「アグレッサー」と呼ばれる部隊で、パイロットはかなりの精鋭と言われています。全国各地にある戦闘機部隊や警戒管制部隊を巡回し、戦術技量の向上を図っています。
 
 この部隊に配備されているF-15は、遠方からでもアグレッサーだと一目で識別できるよう、独特のカラーリングとなっているのが特徴。今回は「074号機」に、白と黒色を基調とした新たな識別塗装が施されました。
 
 今回の新塗装のF-15公開に対して、SNS上では「カッコいい」「塗るの楽しそうです」「飛んでいる姿を早くみたい」などといったコメントが寄せられていました。

新塗装のF-15戦闘機