埼玉高速鉄道の鳩ケ谷駅で、「ここは鳩ケ谷駅です幡ヶ谷駅ではありません」と書かれたポスター画像がSNSに投稿され話題となりました。

実際に何例か間違えた人がいたらしい

 埼玉高速鉄道の鳩ケ谷駅で、「ここは鳩ケ谷駅です幡ヶ谷駅ではありません」と書かれたポスターが貼られていた画像がX(旧:Twitter)に投稿され話題となりました。

 埼玉高速鉄道公式キャラクターである「たまさぶろう」が、サングラスをかけた状態で描かれているこのポスターは、「違う、ここじゃない」と某歌手の名曲を思わせるタイトルで、「ここは鳩ヶ谷駅(埼玉県川口市)です」「幡ヶ谷駅(東京都渋谷区)ではありません!」と注意喚起しています。

 鳩ケ谷駅は埼玉県川口市、幡ヶ谷は渋谷区北部の京王線の駅ということで、距離としてはかなり離れていることから、Xでは「これ間違える人いるんか?」と疑問に思われていましたが、実際に鳩ケ谷駅で駅員さんに話を聞いてみると「何例か間違えた事例がありましたので、注意のために貼りました」とのことでした。

 ポスターのデザインは鳩ケ谷駅の職員で考えたそうで、たまさぶろうがサングラスをかけているのはやはり某有名歌手をイメージしたそうです。なお、注意喚起のポスターはCDジャケットを意識したデザインになっておりC/W(カップリング曲)「幡ヶ谷で5時」との表記もあり、やはり某歌手の有名曲パロディータイトルになっていました。なお、鳩ケ谷から幡ヶ谷に行くには1時間近くかかるので、間違えた場合はかなり大変です。

他も沢山あるぞ!間違う駅名!!

 同じように間違える人がたまにいる駅として有名なのが、新交通ゆりかもめの「青海駅」と、JR青梅線の「青梅駅」です。青海駅はかつてZepp Tokyoやヴィーナスフォートなどライブハウスや大型商業施設があったほか、フジテレビへのアクセスにも使われるということで、著名人が間違えるケースも多く、最近ですとタレントの深川麻衣さんが、アイドル時代に青海駅集合のはずが間違って青梅駅に行ってしまった失敗談を披露しています。

 なおSNSでは「馬込と駒込、多摩動物公園と東武動物公園を間違えた自分は何も言えません……」「亀戸と亀有を間違えた猛者もいます」「五反野と五反田を間違えた奴がいた」といった意見もあり、様々な駅でこのような間違えは起きているようです。

 SNSでは、こうした駅名の間違いが起きる理由として口頭で聞いた場合の「聞き間違いなどもあるのでは?」との指摘もありました。確かに「はとがや」「はたがや」や「あおみ」「おうめ」などは早口でいうと聞き間違う可能性もあるかもしれません。土地勘がなければなおさらです。「知り合いのおじいちゃんが赤塚行きたくてタクシー乗ったら訛ってたせいで赤坂に連れて行かれた話を聞いたことある」といったエピソードを披露した人もいました。

 ちなみに海外でもこうした事例はあるようで、2012年のサッカーヨーロッパリーグのアトレティコ・マドリード−対ビルバオ戦で、ルーマニアの「ブカレスト」に行くはずが、間違ってハンガリーの「ブタペスト」に行ったビルバオサポーターがいたと報じられたこともあります。

※一部修正しました(6月20日11時00分)。