愛知県警は8日、犬山市内の中学校で寝ていた住所不定の大学生・若原佑暉容疑者(21)を、現行犯逮捕したと発表。

押入れで寝ていた

県警によると、若原容疑者は今月6日午後1時ごろ、犬山市立中学校の相談室・押入れで寝ていたところを、学校職員に発見された。

(画像:イメージ)

職員がすぐに110番通報し、駆けつけた警察官に、建造物侵入の容疑で現行犯逮捕された。

容疑者は、無断で学校に侵入。

職員が発見した際には、布団の中に隠れて寝ていたという。

10日間ほど…

若原容疑者は、警察に調べに「間違いない」と、容疑を認めている。

(画像:愛知県警)

さらに「10日間ほど、中学校に寝泊まりしていた」と若原容疑者。

「都市伝説かと思った」

ネット上では、「謎が多すぎる事件」、「なぜ中学校に?」、「この中学校に、何か思い出があったのか…」、「都市伝説かと思った」。

(画像:イメージ)

また「金がないなら、バイトしろ」、「大学も相談に乗ってやれよ」などといった声があがっている。