岩手県教育委員会は、盛岡教育事務所管内の小学校に勤務する男性教諭(58)を、停職6か月の懲戒処分にしたと公表。

トレンドニュースキャスター取材班は、県教委から詳しい話を聞いた。

アンケートに自身の体罰が…

県教委によると、教諭は昨年10月、学校が保護者へ実施した「いじめアンケート」をクラスで回収。

(画像:イメージ)

教諭が中身を確認していたところ、自身の4年生への体罰が記入されているアンケートがあった。

内容は、「先生にグッと力を込めて両腕を抑えられ、無理やり別の場所に移動させられた」というもの。

隠蔽のためにシュレッダー

これを見つけた教諭は、「このまま担当者に提出すると、自分が行った体罰がバレてしまう」と思い、アンケート用紙をシュレッダーし隠蔽。

(画像:イメージ)

さらに、破棄した分のアンケートを教諭が『自作』して、担当に提出した。

体罰が他にも

翌月には、学校へ「教諭の体罰をアンケートに記入したが、対応はどうなっているのか」と保護者から問い合わせが入った。

学校が当該アンケートを確認すると、保護者が訴えている内容ではなく、筆跡も保護者のものではないことが発覚。

(画像:イメージ)

教諭が、一連の悪事を認めた後に、学校が児童たちへ聞き取りを実施した。

すると、他にも体罰が確認された。

児童を脅していたことも発覚

さらに、「うそを付くと逮捕される」と児童を脅したり、「バカちんだな」と授業中に発言したりしていたことも分かった。

県教委は、教諭を17日付けで停職6か月の懲戒処分とした。

なお、教諭はすでに退職届を提出済み。

『依願退職』となるため、退職金は支給される。