境港市で木材加工メーカー「日新」の本社工場が全焼した火災を受け、現場を視察した鳥取県の平井知事が、再建に向けた支援を表明しました。
平井知事は5日夕方、境港市の「日新」本社工場を訪れ、6月19日に発生した火災の被害状況などについて、又賀航一社長など関係者から説明を受けました。
この工場は、木材の乾燥から合板加工までを行う主力工場で、加工機械のほか建屋も損傷していることから、再建には1年程度かかる見込みだということです。

平井知事:
「鳥取県としても当然ながらお支えをする」

平井知事はこのように述べ、世界的な木材不足、価格高騰が続く中、国産材の重要な加工拠点として国の協力も得ながら、支援する考えを示しました。