島根・江津市の石見智翠館高校で、グラウンドにある倉庫を全焼した。
火事があったのは江津市渡津町の石見智翠館高校のグラウンドで、3日午前11時45分ごろ、消防に通報があった。
火は約1時間後に消し止められ、ラグビー部の練習道具などを置いていたプレハブ倉庫(約15平方メートル)を全焼したほか、周辺の雑木林(約156平方メートル)が焼けた。
この火事によるけが人はいなかった。
警察によると、火事の前、グラウンドでは、ラグビー部の生徒が集めた落ち葉などを、倉庫近くに置いたドラム缶で焼却していたということで、警察は、この火の始末が十分できていなかった可能性もあるとみて、火事の原因を調べている。