知人の30代男性を木刀で複数回殴るなどの暴行を加え、頭部などにケガをさせたとして、住所不定無職の39歳の男が傷害容疑で逮捕されました。
事件が発覚したのは、被害者の男性が自宅で死亡しているのを男が警察に通報したのがきっかけでした。警察は、暴行と被害男性の死亡の因果関係は今のところ無いとしています。
逮捕されたのは、住所不定・無職の39歳の男です。警察によると、男は2024年4月30日頃から5月24日頃までの間に、当時江津市に住んでいた30代の男性の自宅で、男性の頭を木刀で複数回殴るなどの暴行を加え、ケガをさせた疑いが持たれていて、5月26日に緊急逮捕されました。
そのきっかけは、男が25日午後4時ごろ、警察に「知人が亡くなっている」と通報したことによるもので、男性の頭部に傷があったことから男から事情を聴いたところ暴行を認めたため逮捕しました。
さらにその後の調べで、2024年1月6日頃から8日頃までの間に、当時益田市に住んでいた被害男性の顔を拳で殴るなどの暴行を加え、左目などに全治約10日間のけがをさせていたことも分かり、6月16日に傷害容疑で再逮捕しました。
男は「間違いありません」と容疑を認めています。
被害男性は、死亡する前の時期に男から暴行を受けていたものの、警察は、被害男性の死因は、男からの暴行によるものではないとしています。
男は、知人関係にあった被害男性の自宅に居候していたとみられ、警察は、暴行を加えた動機や経緯などを詳しく調べています。