店舗削減が続くサマンサタバサ、「今後もバッグを中心にスクラップ」

 10月18日、女性向け服飾雑貨ブランド「Samantha Thavasa」などを展開する(株)サマンサタバサジャパンリミテッド(TSR企業コード:293842310、東京都港区、マザーズ、以下サマンサ)は、2020年2月期第2四半期決算説明会を都内で開催した。説明会には藤田雅章社長のほか、菅原隆司副社長ら役員4人が出席。マスコミ関係者も約40名が参加した。

 2020年2月期第2四半期累計業績(連結)は、店舗閉鎖が響き、売上高は121億5,700万円(前年同期比13.2%減)に落ち込んだ。損益は、過剰在庫の処理費用として8億円を計上したほか、子会社で開催しているゴルフトーナメント開催費用を例年の第3四半期から前倒し計上(販売管理費)した結果、営業利益は2億8,800万円の赤字となった。さらに、営業費用で為替差損約1億円が生じ、最終赤字は4億3,700万円に膨らんだ。
 菅原副社長は、「2018年2月期にグループの減損基準を強化し、20億円規模の減損を実施した。だが、製販計画のバランスが弱く、2019年2月期も(在庫が)9億円、約17%増えてしまった」と説明。その上で、「第2四半期は在庫の削減が急務だった」と語った。
 不採算事業の見直しなどで店舗数の減少が続くサマンサだが、2019年2月期は1年間で国内全店舗の2割弱にあたる58店舗を閉鎖した。今期(2020年2月期)も引き続きスクラップを進め、2019年8月末の店舗数は276店と、2月末の292店から半年間で16店舗減少した。なかでも堅調なアパレルに比べ、主力のバッグは採算性が低調で、「今後もバッグを中心に店舗のスクラップを予定している」(菅原副社長)と語った。
 通期の業績予想(連結)は、売上高が前期比6.2%減の260億1,800万円、営業利益は同66.9%減の2億2,000万円、最終利益は1億1,800万円の黒字(前期は13億3,700万円の赤字)とした。

 藤田社長は、「マーケットが刻々と変化し、激しさを増している。各ブランドの性格、役割を明確にすることが急務」としながらも、「下期も引き続き積極的に減量して健全な経営を行う」と語り、さらなる店舗の削減と過剰在庫の処理を示唆した。経営の健全化に向けた縮小策がいつまで続くのか、サマンサの動向が注視される。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2019年10月23日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

サマンサタバサの店舗数推移


関連記事

TSR速報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る