ジャパンディスプレイ 10月は営業黒字、9月中間期は1,000億円超の債務超過

 経営再建中の(株)ジャパンディスプレイ(TSR企業コード:294505385、以下JDI)の2019年10月(単月)の営業利益、最終利益はともに黒字だった。固定資産の減損や人員削減が奏功した。営業黒字は2018年10-12月期以来、3四半期ぶり。
 11月13日、都内で会見した菊岡稔・代表取締役社長は「製品ポートフォリオの改善や研究開発・設備投資の厳選などで黒字定着を目指す」と述べ、構造改革の成果を強調した。


1,000億円超の債務超過に

 同日、JDIは2020年3月期中間決算(連結)を発表した。売上高は、主要顧客の米アップル向け販売が伸長し、2,377億6,200万円(前年同期比11.0%増)だった。
 損益は、営業外費用で出資先の(株)JOLED(TSR企業コード:300600798)に関わる41億6,700万円の持分法による投資損失を計上。また、特別損失で白山工場を中心とした固定資産の減損や人員削減など、事業構造改善費用637億4,700万円を計上し、最終利益は▲1,086億7,200万円となった。この結果、純資産は▲1,061億1,200万円に沈んだ。

新たな支援候補

 債務超過の解消に向け、従来からの支援の枠組みであるSUWAコンソーシアムとの出資交渉を進めるとともに、「中国系ではない長期投資を前提とした独立系民間ファンド」(菊岡社長)と接触していることを明らかにした。
 民間ファンドについては、一部で「いちごアセット」と報道されているが、14日、JDIの担当者は東京商工リサーチ(TSR)の取材に対し、「当社から発表したものではない」と語るにとどめた。いちごアセットはTSRの取材に対し、「コメントは差し控える」とした上で「2006年の創業以来、(投資先の)中長期的な持続的成長の支援を基本方針としており、今後も方針に変わりはない」とコメントした。
 JDIは、他社からの資本注入の枠組み合意を10月末までに完了させることを前提に、モバイル事業の分社化や(株)INCJ(TSR企業コード:033865507)を保証人とした2019年12月30日が期日の1,070億円のコミットメントライン契約を締結していた。しかし、支援の枠組みが交渉過程で大きく変容し、新たな出資候補者との交渉も始めたことから、「分社化に必要な交渉をストップし、INCJからの保証1,070億円の延長に向けた交渉を開始した」(菊岡社長)ことを明らかにした。

固定費が大幅に減少

 JDIは、今期に入り工場資産の減損として528億円など、合計637億円の構造改革を実施してきた。構造改革は第2四半期までに完了し、「構造改革前に月160億円程度だった固定費は約120億円にまで減少した」(菊岡社長)という。
 ただ、事実上操業がストップしている白山工場を閉鎖した場合、違約金や補助金の返還など、最大120億円の追加損失リスクがある。
 また、持分法の投資損失を計上したJOLEDについて、JDIの担当者は「(JDIは)JOLEDの発行済み株式27%を保有している。営業活動などで協業関係にあるが、(互いの)債務の保証はしていない」と述べた。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2019年11月15日号掲載予定「WeeklyTopcs」を再編集)


関連記事

TSR速報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る