東京湾のタチウオ!王道テンビン仕掛けで激戦区でも誘って掛ける!LTタックの真骨頂!がまかつフィールドテスター田中義博さんの攻略法!

王道テンビン仕掛けで 激戦区でも誘って掛ける! LTタックルの真骨頂!

LTタックルにPE1号 これが必釣のポイント

1_1622179775 ご存じのように、東京湾のタチウオこそ、沖釣りの世界にLTタックルを定着させた最大の功労者であろう。

付けエサをルアーのように動かすという釣技のレベルを、感度と操作性に特化したLTタックルが飛躍的に向上させ、もはやタチウオ釣り=LTタックルでやることが当たり前になった。

「ただ、一時よりは模様が良くなってきたとはいっても、初夏の大型狙いで船が集まる走水〜観音崎沖は、超激戦区なので、簡単にはいきません。だからこそ、LTタックルの感度と操作性を最大限に活かしたいですね」とは、がまかつフィールドテスター田中義博さん。
 
田中さんのタックル&仕掛けはイラストのようなものだが、愛竿のライブラⅡと並んで重要なのが、8ブレイドのPEライン1号を二重にした「サージェンスループ」を使ってテンビンに直結で使っていること。

これでライブラⅡが持つハイレベルな感度にさらに磨きをかけているのだ。
 
PEラインを直結で使うとなると、ついつい結束強度の低下を恐れて、1.5〜2号の道糸を使いたくなるが、この方式なら1号を直結で使っても全くトラブルはないそうだ。

「いまのタチウオは、前アタリ〜本アタリまでの食い込ませるための誘い幅が、すごく狭い日が多いので、ハンドル1/2回転ぐらいと1/8〜1/12回転ぐらいのマイクロピッチな誘いを使い分けることが必要です。そんな釣りを実現するために軽くて感度のいいロッドと1号のラインのセットはかかせません」。
 
さらには、船上でロッドのパワーを使い分け誘いの質を変える「ロッドマネージメント」も大きな武器。

ライブラⅡでは、MとMHにMLの3本を常備する。

激戦区を釣る上級者は、ここまで突き詰めた釣りをやっているのだ。

使うテンビンとハリのセレクトにも注意

「テンビンは、力の伝達がいいストレートアームのY字型がおススメです。弓型だとアームがしなって、エサをイメージ通りに動かせないし、手感度もかなり下がりますよ」と田中さん。
 
小さなことに思えるが、これは絶対に外せないポイントなので覚えおきたい。

次に大切なのがハリの選択だ。

「ハリは小さければ軽くてよく動きますが、走水界隈は大型も多く、飲まれて切られるリスクが上がります。魚のサイズに合わせ2/0から始めて、釣れるサイズの見極めと活性にあわせて、こまめにサイズも使い分けたいですね」。
 
なお、ハリスは管に結ばず必ず軸に直結する。

管に結ぶとハリが躍り、ハリ先が逃げて掛かりが悪くなることに加え、誘った時にも素直にエサが動かなくなるのだ。
 
付けエサのサバやコノシロのタンザクは、配られたら必ずハリを掛ける腹側はもちろん背側の先端もハサミで真っすぐに切り揃えたい。

先端が斜めのままだと、誘った時に、エサが水中で回転してしまって極端に食いが悪くなる。

「エサの動きがこの釣りの命ですからね。タチウオには、よく切れる大きなハサミは必携です」。
 
エサはハリの軸を中心にして真っすぐになるように縫い刺して、投入したら水面で引っ張ってみて、きれいに動くことを確認してから使おう。
 
なお、仕掛け図では、ケイムラチューブを使用しているが、食いが渋ければ外してしまうこともあるそうだ。

それほど、激戦区のタチウオは、エサの動きにシビアなのである。
TM0615_tokushuX_11_1622180503 田中さんは、新作のがまかつ/ケン付きタチウオST‐Rワイドで終日狙った。 TM0615_tokushuX_12_1622180544 前アタリ〜本アタリへの時間が速くなりますね。ワイドゲイプの効果?」とのインプレだった A_1622180625 エサはコノシロのタンザクで、水中で回転しないように上下の端と身の厚さもトリミング。センターを通し刺しにし、誘った時に水中で回転せずに綺麗に動くようにしたい TM0615_tokushuX_15_1622180686 エサ箱はクーラーで保管して、エサは小出しにして使う TM0615_tokushuX_14_1622180656 エサの鮮度も釣果に直結する。田中さんは、「旨〆ソルト」+「アミノリキッド」で締めて「アミノ酸α」で集魚効果をアップ。

マイクロピッチジャークで誘い食い込ませる手順

2_1622180727 通常タチウオ釣りは、指示ダナの中で、エサの端を咥えた前アタリが出るタナと誘い方を探り、そのまま前アタリ後も同じ誘いを続けることで食い込ませるのがセオリーだ。

「普通はこの時期でも、それで釣れますが、前アタリをとらえてから一定のペースで誘い上げると、叩かれたタチウオが多い走水〜観音崎沖では、だいたいエサを離してしまうんですよ(苦笑)」。
 
日並や時間帯でもタチウオが仕掛けについてくる誘い幅は変化するが、この時期は、本アタリを出せるのは、仕掛け分+αの3〜5mのことも珍しくないという。

「だから私は、前アタリが出たら誘いのピッチをより細かくします。ハンドル1/2回転(愛用の電動リールなら巻長=約26㎝)のピッチから探っていたら、前アタリが出てからは1/4〜1/6回転(巻長=約13〜約9㎝)にピッチを細かくします。経験的には探っていたピッチの半分程度に落とすことで本アタリが出るパターンが多い気がします」と田中さん。
 
イメージは、傷ついたイワシの瀕死の逃走である。

田中さんによれば、1/8〜1/12回転(巻長=約6.6〜約4.4㎝)までピッチを細かくしないとアタリが出ずに食い込まない日もあるそうだ。

「この釣り方は、たとえピッチが細かくても、仕掛けには一定のペースで上昇する力が働いているので、ハリスが常に張った状態で釣りをすることになります。前アタリも微妙な時期なので、それを見逃しにくいから、この攻め方ほうがアタリの取りこぼしは少ないかったですね」。
 
なお、前アタリが出るタナが見えてきたら、指示ダナの下の方を捨て、上限+3〜5mまで誘い、活性の高い個体を狙い撃ちにするのも効果的だ。

先手を取るためのアワセの手法

3_1622180890 タチウオ釣りで悩ましいのは、アワセが速ければ掛からない一方で、待ち過ぎればエサを取られるか、最悪の場合は、飲まれてハリスを切られてしまう。

とくに後者の場合は、大型であることは確実なのでかなり悔しい。

「だから、乗るのを待つのではなくて、ハリが完全に口に入ったシグナルを見極めてアワせにいきましょう。目感度のいいロッドなら、それは不可能じゃありませんよ」。
 
田中さんは、イラストのようにティップの挙動からこれを読み取って自ら掛けにいくスタイルで攻める。

「誘いのピッチはもちろん、誘いの合間に入れるステイの長さも色々変えて探ってみてください。1日の中でも正解がコロコロ変わるのがタチウオという魚ですよ」。
 
ステイの秒数は通常が1〜1.5秒で、速い時には0.5秒、渋ければ3〜5秒にすることもある。

なお、掛けそこなった場合は、その場でロッドを水面に向け、激しくシェイクして3秒ほど止めるとエサが残っていれば、この時期でも本アタリに繋がることもあるので試してみよう。

【東京湾・走水沖】LTタチウオ 釣行レポート

激戦区攻略のキーワードはショートピッチな誘い上げにあり!

TM0615_tokushuX_04_1622181113 がまかつフィールドテスターの田中義博さんは、新生ライブラⅡのMとMHを使い分ける攻めの釣りを見せた。激渋の展開の中で1m超を頭に8尾を絞り出す TM0615_tokushuX_05_1622181137 「スイートスポット」を見つけて先手を取って掛けにいった1匹。この駆け引きがタチウオ釣りの魅力だ TM0615_tokushuX_08_1622181319 常連・成田さんは、がまかつ/ファイバータチウオ(ピンク)で渋い魚に口を使わせていた。大ベテランが常用しているから、ぜひ試してみたい TM0615_tokushuX_06-2_1622181360 小さいジャークで11匹の激渋タチウオを仕留めたのは、横山さん。80mダチではオニカサゴもキャッチ。「タチウオの外道では初めて釣りました」と望外の高級魚にニッコリ TM0615_tokushuX_03_1622181188 「三喜丸」の常連・戸田さんは、極先調子のテンヤ竿で、後半に猛烈なスパートをかけて8匹。 TM0615_tokushuX_02_1622181200 小さくしかも鋭く動かす誘いで指示ダナの上3〜5mまで誘うのが後半のパターンだった TM0615_tokushuX_01_1622181268 走水沖周辺は、あいかわらずアベレージサイズがデカい!産卵を控えて、さらに肉厚極太になり、1m超では抜き上げに苦労する場面も度々。写真は、当日最大の110㎝をキャッチした、伊藤さん。「魚の厚みが前月の倍ぐらいになっている!!」 TM0615_tokushuX_09_1622181407 40㎝級「走水のアジ」も恒例のゲスト。半ばフィッシュイーターと化した大型は、タチウオを狙うコノシロのタンザクにも果敢にアタックしてくる TM0615_tokushuX_10_1622181429 小柴の「三喜丸」は、ルアー同船もOK。釣座は左右のミヨシ限定なので、予約の際は「ルアーで釣りたい」と必ず申請しておこう TM0615_tokushuX_16_1622181463 今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小柴「三喜丸」
いまや東京湾屈指の人気者となったタチウオ。

小柴「三喜丸」は、テンビンのエサ釣りを軸に、ルアーやタチウオテンヤも同船で楽しめる。

「ルアーの人はミヨシでやってもらっている以外は、テンビンでもテンヤでも大丈夫だよ」と河野秀昭船長。
 
指示ダナも、ルアーとエサ釣りで、釣り方に応じて分けて出してくれるのがうれしい。

そんな指示ダナを目安に、さらに上まで「誘い上げる」ことが激戦区攻略のキーワードだ。

「前アタリが出るタナが分かったら、次はそこからスタートです。指示ダナの下ではハリスを返すだけで、手早く活性の高い上にいる魚を狙い撃ちしましょう」とは田中義博さん。

誘いは「小さく、細かく」が基本。

当日も指示ダナの上3〜5mまで誘う人が数を伸ばしていた。

「1m超の確率が高いので、手感度で前アタリをとらえたら、押さえ込まれたままになる穂先の変化で掛けていくほうが有利です」と田中さん。
 
なお、エサをダート〜フォールさせる誘いは、大型に切られるリスクが高い。

激渋の当日でも、ハリス切れは頻発していたので注意したい。

「1日として同じ模様が続かない。本当に苦労するよ(苦笑)」と河野船長。  

だが、さらに肉厚極太になったこの魚体を見て、燃えない人はいないだろう。

さらに大型への期待が膨らむ走水沖からは目が離せないところだ。

以上の記事は「つり丸」2021年6月15日号の掲載記事です。