大物の聖地、銭洲の一番熱いシーズンが到来!アカイカ&ムロアジの泳がせ釣りで狙う、激うま大型カンパチが乗っ込み中だ!イカorムロのタックルを準備して臨もう!

入門に最適! アカイカエサで狙う大型カンパチ!

6月後半からはアカイカとムロアジの 泳がせの両方を用意して臨もう

TM0701_tokushu1_04_1623118702 これが数々の大物ヒストリーを生んだ銭洲岩礁。ネープルスだ

今年も銭洲カンパチ当たり年!イカorムロのタックルを準備

map_a_1623118825 4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲は今期も昨年同様カンパチは当たり年だ。

黒潮は大蛇行していたものの、冷水海も生じず、例年どおりの展開。

高水温の影響もありカンパチのベイトとなるアカイカが豊漁あって、イカエサでチャレンジすれば、10㎏前後の良型がコンスタントにキャッチ可能だ。

さらに、この個体の状態がすこぶるよく、全身に脂があり激うまだ。

さて、4月〜7月のカンパチのマッチ・ザ・ベイトはアカイカ。

エサのアカイカが下田出船の船でも地元の漁師に頼んで、買えるシステムができたことで、より効率よく一日の釣行が可能となった。

アカイカエサが確保できれば、泳がせのエサを現場で釣る必要はなく、カンパチ釣りに専念できることから、ヒット率も上がるのだ。

とはいうものの、ここ数年銭洲のチビムロアジの発生シーズンが年々早まっていることから、6月後半からはムロアジ泳がせも可能になってくる。

そうなると、アカイカとムロアジのいずれかでカンパチを狙うことができる。

そんなわけで、6月後半以降は、アカイカエサとムロアジエサの両方のタックルを用意することが望ましい。

6月からはエサ釣りからスタートすることもある銭洲

銭洲では遊漁船は実釣可能な時間が決められている。

7時〜13時がそれ。

だが、6月より6時〜7時まで生きエサ釣りのみ可能になっている。

つまり、アカイカエサ搭載の場合は、このエサ釣りは必要ないが、イカエサが少ない場合やない場合は6時よりエサ釣りを行うのが一般的だ。

釣るのはムロアジ。

五目釣りをやったことがある人ならば、サバのような邪魔なゲストのイメージを持つ人もいるだろう。

だから、こんな魚はカンタンに釣れる!と軽い気持ちで臨むと痛い目に合うことが多い。

このムロアジは専門に狙うとけっこう難しいことが多いのだ。

まずは、このエサ釣りに集中し、最低でも10匹は釣るようにしよう。

銭洲遠征は泳がせタックルと五目タックルの2セット準備

45d288b2c8133daa901066038af3d73e さて、タックルセレクトについてだが、意外にも泳がせ釣りを含めて普段使い慣れたタックルで楽しめてしまうのが、近年の銭洲だ。

まずは、泳がせについて。

オモリ150〜200号を使用する泳がせ釣りでは、竿は2m前後の泳がせ専用がベスト。

だが、キハダブームで強靭タックルをそろえた方も多いと思うが、その道具で十分流用できる。

リールはPE10〜12号が300m収納できるドラグ性能がいい両軸リール。

もしくはキハダで使用する中型〜大型電動リール。

銭洲の水深は浅いので手巻きの両軸リールで十分。

魚の引きをダイレクトに味わうためにも手巻きリールがオススメだ。

一方、五目は、ビシは100号を使用する。

それに耐えうる7対3調子のものならなんでもオーケー。

竿の長さは2m前後のものが操作性がいい。

普段近海で使い慣れたものの流用で十分だ。

リールは小型もしくは中型電動を使用。

道糸はPE4号が収納されているものよい。

加えてもう1セット用意するのは、ムロアジ釣り専用のタックル。

浅場での釣りを行うのでゲーム用もしくはLT用でいい。

リールの道糸は2〜3号と少し太い目のものが扱いやすい。

エサのムロアジはチビムロシーズン以外は五目用で釣ることができることも覚えておこう。

泳がせのハリスはナイロン 40号以上をメインに使う

さて、泳がせ釣りに使うハリスだが、アカイカ用とムロアジ用では少し異なる。

基本的にチビムロや中ムロアジをエサに使う場合、7月以降はナイロンハリス40号をメインに使用するが、アカイカエサの場合はヒットするカンパチのアベレージサイズが大きいことから、太目を使うのが基本。

オススメは50号で60号でもオーケー。

これはエサのムロアジが大きい場合も同様。

超大型の実績ポイントである南千波やダルマなどでは、シーズン問わずハリスは常に50号以上を使ってもよいだろう。

それぞれのハリスの長さは2mで十分。長くても2.5mとしよう。

ハリの大きさだが、ハリス40号の場合、泳がせ22〜24号。

ハリス50号以上の場合、泳がせ28号以上、ハリス30号の場合、泳がせ20〜22号というのが基準である。

泳がせ用とエサ釣りor五目用の2本の竿をセッティング

各自釣り座には、泳がせ用とエサ釣りor五目用の2本の竿をセッティングするのが基本だ。

アカイカ搭載船は、エサ釣りをしないこともあるのでそんなときは準備は泳がせのみでよいが、たいていの場合、泳がせと五目(エサ釣り)の2本竿をセットする。

エサ釣りは釣り開始前のみではない。

足りなくなれば、各船宿の船長はエサ釣り時間を設けエサ釣りをする。

だから、事前に2本の竿をセットしておくのだ。

大事なエサ付け。まずは アカイカのエサ付けについて

まずはアカイカのエサ付けについて。

イカを弱らせないために親と孫の2本バリが主流となっている。

親バリはアシスト的なハリ、イカを安定して泳がせるものと理解しよう。

このハリをイカのエンペラの先端にブスっと刺し抜いてはいけない。

中心部に神経があるのでここを刺すとすぐに弱ってしまう。

皮をつまんでそこに刺すようにする。

メインは孫バリだ。

ゲソの付け根にしっかりとハリ先を刺し抜くことをこころがけよう。

ムロアジは濡れた手ですばやく 鼻掛けか上アゴ掛けにする

ムロアジはイカエサと異なり1本バリだ。

鼻掛けか上アゴ掛けが基本。ハリ付けの際、乾いた手で魚体に直接触れることは避けたい。

ダメージを与えるからだ。

必ず魚を掴む手を海水で濡らしてからつかもう。

魚の目を指でふさぐように掴むとムロアジはおとなしくなることが多い。

それから、好みの付け方でハリを刺そう。

投入前に事前にハリ付けすることを心がけることもお忘れなく。

泳がせ釣りは置き竿にしない エサをルアーと思い誘おう

b27bb5a60362e80d13efdfe1e0c6236d 以前は、ボトム付近でタナを決めて置き竿にしてアタリを待つ釣りが主流であった。

近年はルアーフィッシングのように“探る”釣りが行われている。

ボトムから少なくとも10mの範囲は常に探るようにする。

具体的には生きエサを投入後、オモリがボトムに着いたら即糸フケをとり巻き上げ開始。

ゆっくりでいい。その途中でエサが暴れたらそこでストップしカンパチの食い込みを待つというもの。

食いこまないときは再度探り動作を継続し、底から10m巻き上げたら、再度同じ動作を繰り返す。

これが周年をとおしての泳がせ釣りの基本。

だが、アカイカエサの場合、置き竿釣法が功を奏することもある。

タナで置き竿にして待っていたほうが、カンパチにアピールになり大型がヒットすることがよくあるのだ。

そのタナはさまざま。

ボトムギリギリのときもあれば、底上5m〜10mのときもある。

探見丸などがあれば、魚影が濃いタナに設定して待つのも一手だ。

アワセはイカもムロも早アワセは禁物。

2度3度十分に竿を引きこまれてから、竿を持ち上げるように聞きあげてアワセ完了。

その後、ファイトに入ろう。

エサ釣りは専用サビキを用意して釣ろう

7a7598d1da6430f698b384a47f5c7830 銭洲で泳がせのエサを釣る場合、そのエサはムロアジだ。

6月7月は五目釣りと同じポイントでやることが多いが、エサの確保が目的なら、ムロアジ専用のサビキで釣ろう。

サビキは中ムロアジ専用。よく釣れるのはグリーンのスキンバケだ。

市販のアジ・サバ用はハリスが細すぎることが多いのでできるだけ避けたい。

1.5㎜径長さ30〜50㎝のクッションゴムを入れるとバレが少なくなる。

まず、ビシは穴調整が可能なプラビシを使用する。穴は下窓が全閉、上窓は3分の1開けでよい。

いわゆるウイリーシャクリ釣りのコマセの調整法と同じだ。

ビシにはアミのみいれる。ここでけしてオキアミを入れてはいけない。

釣り方はウイリーシャクリ釣りと同じ。

50㎝〜1m刻みであげてくる。

五目仕掛けは市販、もしくは 自作。全長は3mで十分

五目釣りでお土産の高級魚のウメイロやアオダイ、ヒメダイを釣るには、専用の仕掛けを用意。

長さは2ヒロ、約3mでハリ数は3〜4本。

市販のものはなら長さ3m前後のシマアジウイリー仕掛けを流用できる。

ハリスの太さは8号前後。

自作するなら枝スの長さは20㎝以内と短めにするのがコツだ。

ハリは素バリでもよいがウイリーのほうがより高アピールできる。

カラーは好みだが、ブルーとグリーンが定番だ。

釣り方はウイリーシャクリ釣り。

指示ダナ下5〜10mまでビシをおろし、約1m刻みでシャクリあげてくるというもの。

シャクリ上げのときに少なくとも1秒は止めを入れよう。

アタリが来たら引きが収まるまでそのタナで待ち、その後約10mほどデッドスローで巻き上げる。

これで、追い食いさせることが可能だ。

ウメイロ、アオダイ、ヒメダイはこの釣り方で釣れる。

【銭洲】大型カンパチ 釣行レポート

一年で一番アツいシーズン到来!

アカイカ&ムロアジの泳がせ釣りで狙う 激うま大型カンパチ!ジギングもチャンス!!

TM0701_tokushu1_05_1623120704 超大物ポイントのダルマもこれからのポイント

2人3人 同時ヒットはザラ

TM0701_tokushu1_06_1623120859 カンパチは群れているのでこんな良型が2人3人同時ヒットはザラだ TM0701_tokushu1_02_1623120735 6月7月はアカイカがマッチ・ザ・ベイトの特エサ。船上で事前購入する

ナイスボディ!

TM0701_tokushu1_07_1623120820 激うまカンパチキャッチ! TM0701_tokushu1_16_1623120907 夏の日差しがすでに降り注ぐ銭洲 TM0701_tokushu1_01_1623120930 銭洲遠征のジギングでキャッチされた13.8㎏のヒレナガカンパチ。エサ釣りだけでなくルアーもチャンスだ TM0701_tokushu1_09_1623121023 銭洲の水深はカンパチフィールドとしては極浅いので手巻きリールのスタンンディングファイトで楽しもう TM0701_tokushu1_08_1623121057 堂々10㎏級のカンパチゲット TM0701_tokushu1_13_1623121172 乗船日の最大はコレ。15・3㎏

全員良型キャッチ!!

TM0701_tokushu1_12-2_1623121482 TM0701_tokushu1_14_1623121531 相田さんファイト中! TM0701_tokushu1_15_1623121547 竿頭の常連でもある相田さん。見事5本キャッチ。集中力と超マメな誘いが功を奏するという TM0701_tokushu1_17_1623121569 ジギングも好調。ホンカンパチも来た TM0701_tokushu1_18_1623121642 うれしいゲストのホウキハタ TM0701_tokushu1_19_1623121657 五目釣りではウメイロは入れ食いだ TM0701_tokushu1_20_1623121685 スーパー仲乗りの修行中の後藤さんが船上でのお世話をしてくれる TM0701_tokushu1_21_1623121729 今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田港「龍正丸」
大物の聖地、銭洲の一番熱いシーズンが到来中だ。

その理由は、大型カンパチが銭洲に乗っ込み中だからだ。

栄養豊富なアカイカを飽食し、たっぷりと身に脂をたくわえ、全身霜降りの激うまなボディも魅力だ。

「ここ数年、銭洲には黒潮が昔のように流れているのでカンパチの魚影はすこぶる濃いよ。6月7月はなんといっても超大型カンパチが狙える時期。IGFA世界記録の74㎏のカンパチも6月末に釣れたからね。しかも、今期のカンパチはすべて味がいい。アカイカエサのルートも確保してるので、このエサを使えば誰にでも大型カンパチゲットのチャンスがあるよ。このシーズンを逃さずにチャレンジしてください」とは、銭洲遠征船の老舗、下田「龍正丸」の鈴木豊船長の言葉。

この船はカンパチ専門船といっても過言ではないほど、全国から多くのカンパチフリークたちが豊船長を頼りに訪れているという。
 
良型カンパチを確実に仕留めるコツは、数限りある生きエサを大事に扱うこと。

時合は銭洲といえども意外と短い。

だから、そのタイミングで生きのよいエサを投入できれば、高確率ヒットとなるのだ。

また、ジギングもそのタイミングで誘えば、エサに引け劣らない釣果を期待できる。
 
6月後半からはムロアジエサも有望となる。

アカイカとムロアジエサ、両方で狙えるようにタックルを万全にして銭洲に臨もう

以上の記事は「つり丸」2021年7月1日号の掲載記事です。