茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」のLT五目が好調だ!定番のアジに旬魚の数々、現在の目玉は激うまのタカベ!お手軽、簡単な五目釣り!シャクリのパターンで釣り分けよう!

現在の目玉は激うまのタカベ! お手軽、簡単な五目釣り シャクリのパターンで釣り分けよう!

定番のアジに旬魚の数々、現在はタカベが狙い目!

相模湾の恵みをいろいろ手軽に釣って楽しもう!

そんなコンセプトで、ほぼ周年を通して出船している茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」のLT(ライトタックル)五目。

年間を通して狙えるアジは、脂を蓄えて美味しさを増し、メバルやハナダイ、マダイなど春を代表する魚たちの反応もまだまだある。

そこにイサキやイシダイ、クロダイ、メジナなど梅雨前後から釣れだす魚たちが加わり、お客さんのクーラーの中は賑やかになっているという。

そして今シーズン注目なのがタカベだ。

南の海の魚と思われていたタカベがまとまって釣れているのだ。

「タカベは数釣りが楽しめています。とても美味しいので、ぜひ釣って食べてみて下さい。それからイワシの反応がまじるポイントでは掛けたアジにヒラメが食いついてきたり、釣ったアジを泳がせてハモノを狙う人もいますよ」とは、取材で乗船した茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」の木村研二船長。

ちなみに当地のLT五目は、アミコマセを使用したシャクリ釣りだ。

五目を軽く超えるこれらの魚種を釣るには、それなりのテクニックが必要なのでは?と思われがちだが、その心配はご無用とのこと。

後に説明するが、基本は〝ビシをシャクって、待って、リールを巻く〟ことを繰り返すだけ。

誰にでもできるこの作業で、さまざまな魚が釣れるという。

「うちは、入門者でも簡単に釣れて楽しめるをモットーに、ライトタックルにこだわってこの釣りを始めましたからね」。

では、その釣れる〝LT釣り〟の解説に入ろう。

ライトタックルだから 誰もが簡単に釣れる

shikake_033_1623211846 「LTの釣りは、通常より細い道糸を使って釣ることが大前提となっています。この細糸を用いることで、道糸が受ける潮の抵抗が弱くなり、結果、軽いオモリでもポイントを直撃でき、さらにそのオモリに対応する軽い道具で釣りができるようになるというわけです」と船長。

道具が軽いということは、必然的に操作性が良くなる。

つまりこの時点で、入門者でも楽しめるようになるのだが、軽さのメリットは、実は他にもあるという。

「道具の軽さは感度にも直結するので、アタリが劇的に取りやすくなりますし、感度が上がれば、魚の引き味も強く感じます。LTを用いる釣りは、入門者だけでなく非力な女性や子供まで楽しめるうえ、ベテラン勢が熱くなる要素もあるんです」と船長が説明してくれた。

ロッドは、「LT用」とか「ライトゲーム用」と書いてあるものが理想的で、その中より80号のオモリまで背負えるタイプをチョイスしよう。

カゴに詰めたコマセをシャクってまきながら釣るので、振り出しやすい7対3調子がオススメで、長さは2m前後が現在主流とのこと。

リールは、小型両軸で十分楽しめるが、現状は水深70m前後を探ることもあるので小型の電動をセットしている人が多い。

さまざまな魚がターゲットとなり、時に大物もまじるのでドラグ性能の良いタイプを選ぼう。

道糸はPE2号だ。 TM0701_tokushu2_20_1623212206 タックルは、ゲームロッドにPE2号を巻いた小型両軸リールでOKだが、電動リールで手返し良く釣る人も多い

ビシのセレクトと基本となる窓の調節

shikake_034_1623212073 コマセカゴは、オモリ別体型のプラカゴのFLサイズを使うのが得策だ。

通常は攻める水深が40m前後で安定しているので、オモリ一体型の40号ビシを推奨しているが、現在は狙う魚が多く、水深70m前後まで探っている。

その水深や潮の速さでオモリ40〜60号(潮が速い場合に備えて80号まであると心強い)を使い分けているのがその理由だ。

入門者の方には船宿のレンタルをオススメする。

「今一番釣れているポイントと攻める水深の全体のバランスを考慮してオモリを付けているので、それで一日通せますからね」とのこと。

仕掛けはウイリー2本と 空バリ1本が基本

TM0701_tokushu2_21_1623212414 ︎通常ビシは40号。現在は70mダチを攻めるので貸し道具のビシには50号がセットされている(予約時に要確認を) a1c3a6c3fad49be940670e7586b048d9 仕掛けは、「この釣りをよりお手軽にするために作った」と船長がいう、「沖右ヱ門丸」オリジナルを推奨する。

具体的には、ハリに化繊を巻いた疑似バリのウイリー2本と一番下に空バリ1本を付けた全長2.8mの3本仕様となっている。

「ウイリーを選択したのは、エサを付けずに済むお手軽さに加え、アミに似ていて、実際、良く食ってくることとエサ取り対策も兼ねています」と船長。

空バリにはオキアミを付けることで、より五目性を高めることができるとのこと。

「エサを付けることで、ウイリーに興味を示さないときの保険にもなりますからね」という。

仕掛けの太さは2号と3号があるが、この時期は釣れる魚のサイズがいずれも中型主体となるので2号をメインに用意すること。

なおその他小物類は、仕掛け図にある通り用意しよう。 TM0701_tokushu2_22_1623212505 仕掛けはハリス2号。ウイリーと空バリの3本バリ。ウイリーのカラーは、相模湾に適したホワイト、ピンク、グリーンを使用している

竿をシャクって 指定ダナの範囲を探る

06a9311beec59fca9bd4b2b4cce49a53 ここからは実釣編だ。

「沖右ヱ門丸」の仕掛けは、2.8mと入門者が扱う仕掛けとしては少々長い。まずはこの仕掛けを絡ませずに投入する方法を覚えたい。

やり方は前項のイラストにある『振り込み式』がポピュラーなので、しっかりマスターしておこう。

釣り方で最初に覚えたいのは、コマセと仕掛けの同調法になるが、実はこれ、冒頭で話した簡単な作業〝ビシをシャクって、待って、リールを巻く〟ことを繰り返すだけでOK。

「竿を振り上げてビシをシャクリ上げれば、ビシの上窓からフワッとコマセが出ますので(上のイラスト参照)、そこで止めを入れて、まずはコマセと仕掛けの同調を3〜5秒程度待ちます。

ここで、アタリがなければ竿を下げつつリールを1回転させて同様にコマセをまく。

これを繰り返して指示ダナ内を探って行くうちに魚が食ってきますよ」という。

船長は魚探の反応や実績のある場所を点々と攻めていくが、概ねその指示ダナは海底から3m切った位置から5、6m上までの範囲で出すことが多い。

「仕掛けの長さを考慮した指示ダナをアナウンスしています。最初に3mタナを切っても、仕掛けの馴染みを待って探れば底モノもしっかり狙えますからね。タナ上5〜6mの指示が多いのは、ターゲットとなる魚がその範囲内で多く釣れるのが理由で、タカベのように最初から魚が中層に浮いている場合は、底から10mから20mとタナの範囲を指定することもありますよ」とのこと。

スマホを活用して群れを確認!釣果アップを!!

船長の指示通りにタナを探っていれば、難なく魚をキャッチすることができるLT五目。

入門者にはうってつけの釣りといえるが、ベテラン陣や慣れてきた人たちは、『探見丸』を上手に活用して各々釣果を伸ばしていると船長はいう。

「魚の群れが入ってくるのが分かりますので、そのときしっかりシャクって効率よく仕留めているんです」。

『探見丸』を持ってないという人も多いだろう。しかしご安心を。

「沖右ヱ門丸」はワイファイを搭載しているので、探見丸のスマホ版を見ることができるのだ。

探見丸のアプリをダウンロード。

魚群が現れるのを見ながら楽しく釣りましょう!

シャクリのパターンで魚を釣り分けて楽しむ

shikake_036_1623212902 基本となるシャクリと待ち時間を紹介したが、じつはこの釣り、慣れてくると誘うタナやシャクリのスピード、そして待ち時間で魚を釣り分けることができるようになるので、そのパターンをいくつか紹介しておこう。

まずは誘うタナ。

マダイやクロダイ、イシダイは海底付近から3〜4mくらいまで。

アジ、サバは底から3〜6m前後に多く、イサキ、ハナダイはアジ、サバと混同、もしくは8mくらいまで群れている場合が多い。

続いてスピードと待ち時間。

◆イシダイ・ハナダイ…これらの魚はリアクションバイトしてくることが多いので、シャープなシャクリで、1〜2秒待ち。

◆アジ…基本のシャクリで、2〜3秒待ち。

◆イサキ…以外と臆病なのでソフトなシャクリで4〜6秒待ち。

◆マダイ・クロダイ…ソフトなシャクリで6〜10秒となっている。

いろいろな魚が顔を出すので、つい夢中になるLT五目釣り。

紹介したことを実践して爆釣。

初夏の釣りを満喫しましょう!!

【相模湾・茅ヶ崎沖】LT五目 釣行レポート

高級美味魚タカベも釣れてます!!

ビギナーからベテランまで楽しめる!ライトタックルのコマセシャクリ釣り!!

TM0701_tokushu2_01_1623211764 引き味バツグン!ライトロッドを使用するこの釣りでは、スリリングなやり取りが楽しめる TM0701_tokushu2_02_1623213568 船長の指示通り3mタナを切った後、早めのシャクリパターンを試してこのイシダイを食わせたそう TM0701_tokushu2_10_1623213805 激うま高級魚のタカベが現在好調!サイズは20〜25㎝の中型が主体だ TM0701_tokushu2_03_1623213635 『つり丸』お馴染みの〝なおちん〟こと井上直美さんは、「初めてタカベを釣りました。噂通り、美味しそうですね。食べるのが楽しみです」とご満悦 TM0701_tokushu2_04_1623213594 基本の釣り方はシンプル。コマセを詰めたビシをシャクって待つを繰り返すだけでOKだ TM0701_tokushu2_07_1623213664 「このタカベが食べたくて今日は来たんだ」と常連さん。タカベはタナが中層で、食いだすと上ずってくるとのこと TM0701_tokushu2_11_1623213862 この日のタカベは15〜18㎝とやや小振りが多かったが、20㎝以上もまじる TM0701_tokushu2_12_1623213889 脂の乗りがバツグンのタカベ。お刺身はもちろん、塩焼きも絶品だ TM0701_tokushu2_06_1623213691 ヒラメはイワシを追いかけて食べているので、良型が多い。ハリス6号のヒラメ用仕掛けで挑もう(写真/船宿HPより) TM0701_tokushu2_05_1623213716 釣ったアジをエサに泳がせでヒラメをゲット。イワシの反応が多い日は、こんな感じで好調だそう(写真/船宿HPより) TM0701_tokushu2_08_1623213930 反応が濃いポイントでは一荷や3本バリにパーフェクトで掛かることが多い。このときに手返し良く釣り、数を伸ばそう TM0701_tokushu2_14_1623213989 白のウイリーにアジが良くアタった TM0701_tokushu2_09_1623213949 三点掛けに成功したなおちん。ちなみにアジのサイズは、食べごろサイズの20㎝前後が主体だ TM0701_tokushu2_15_1623214018 この日の釣果は、このイサキとアジの一荷から始まり、五目以上の魚が取り込まれた TM0701_tokushu2_13_1623214043 アジを食わせた後、ゆっくり巻き上げて追い食いでタカベもゲット。ちなみにアジも脂が乗って美味しい時期に入ってきた TM0701_tokushu2_17_1623214091 ウマズラハギも身厚で美味しい TM0701_tokushu2_16_1623214106 マトウダイも良く釣れる魚のひとつだ TM0701_tokushu2_19_1623214132 ビギナーの二人も、シャクリ続けて数釣りを楽しんだ TM0701_tokushu2_24_1623214176 今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」
周 年を通して楽しめる茅ヶ崎沖のLT五目、その釣果が夏に向かってグングン上昇している。

お土産確実のアジを筆頭に、イサキ、イシダイ、カサゴ、イワシ、サバなどに加え、ここ最近は高級魚のタカベが絶好調で数釣りが楽しめているという。

「ちょっと前まで好調だった良型のメジナやクロダイもシーズン的にまだチャンスがありますし、釣ったアジを泳がせてヒラメを狙うなんて楽しみ方をする人もいますよ」とは、取材で乗船した茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」の木村研二船長。

このLT五目はアミコマセを使用したシャクリ釣りで、仕掛けはウイリー2本、空バリ1本の3本バリが基本となっている。
 
現在攻めている水深は30〜70m。その範囲内にある根周りや漁礁を中心に実績あるポイントの反応を見て、さまざまな魚を狙っている。

ちなみに好調な要因は、夏に向けて水温が上りだしたことと、ライトタックルにあると船長はいう。

「使う道具が軽いので、通常のシャクリ釣りよ り疲れませんし、アタリも明確に出ます。ビギナーや女性、子供でも楽しめて、実際、よく釣りますよ」。

道具の軽さは感度に繋がり、魚の引き味も強く感じられる。

ベテ ランたちがアツくなる要素もあるそうだ。

慣れてれくるとシャクリのパターンで魚を釣り分けられるのも、魅力です!!

以上の記事は「つり丸」2021年7月1日号の掲載記事です。