今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!

今年もカツオが瀬に着いた! 金洲は高級魚五目もおもしろい

毎年、御前崎沖の金洲では他地区に先駆け早めにカツオが釣れ出すのだが、今年はより早めの6月上旬から食い出した。

この時期でも駿河湾のカツオは旨い。

「今年のカツオも脂乗ってるよ」との嬉しい情報もあって、食い意地全開で御前崎港「増福丸」へと向かった。

三投目までまさかの空振り しかし…

3cc09ddf1c7a4ef2660709d4c2b1a8a6 金洲は御前崎港から南南東へ約20マイル、1時間半ほどの航程で到着する。

しばしの反応探しの後、協定時間の6時ちょうど「タナ20m」でスタートとなった。
 
いつでもカモン! の気合の乗りだが、一投目二投目と空振り。

「前回来た時にはトリヤマもナブラも凄かったけどねー」と常連さん。たしかに今日は鳥の姿すらほとんど見えない。
 
三投目には竿先がチョンチョンと揺れた後、ギュン! と引き込まれたが、カツオほどの傍若無人な引きっぷりはなく、上がって来たのは大サバだった。
 
この後も空振りが続き船中に嫌〜なムードが流れ始めたが、その直後「タナ40m」の指示でウメイロがポツポツと釣れ上がった。

皆カツオ仕掛けのハリス20号以上のはずだが、金洲のウメイロは関係なく食って来た。

「いや〜ウメイロも欲しかったけど、やっぱカツオが釣りたいよね」なんて船上での会話が海に届いたか、そのままの流しで「25m!」とタナ指示が変わった直後にカツオが食い出した。 TM0801_report1_01_1625956314 金洲でカツオの群れが見つかると駿河湾の船の船団が形成される

時折フワッとでカツオの回遊を待つ「待ちの釣り」に変更

まずは右ミヨシ2番の関さん、続いては右胴の間の伊東さんと続いた。
 
単発ながらアタリは続き、中でも伊東さんは、「25mでフワフワさせていると食いますよ」

早くも3本のカツオを手にしている。
 
一方全然アタらないのがトモ寄り。

私も含め全くの沈黙にどうなっちゃてるの? 状態が続いた。
 
ここまではナブラらしいナブラは見えず、食い方も船を止めてからしばらくしてどこかでポツポツの展開。

なので投入後は指示ダナで止め、コマセも一気に大量にまくことはせず、時折フワッとでカツオの回遊を待つ「待ちの釣り」に変更。
 
これが功を奏してようやく自分の竿にもズギューン! とアタリ。

3㎏級を手にすることが出来た。 TM0801_report1_07_1625956175 カツオの付けエサはオキアミをこのように付けよう

タナ下2mでコマセ一気にまく短期勝負の釣りですぐに!

8時半近くになると状況は一気に好転。

あちこちでカツオのモジリやハネが見られるようになり、いつのまにか現れた1本釣り船も入れ食いでカツオを跳ね上げている。
 
こうなると釣り方も一変、タナ下2mでコマセ一気にまく短期勝負の釣りですぐにズギューン! とアタるがなんと4連発バラシ。
 
中には海面で首を振ってハリを外すヤツもいて馬鹿にされているかのようだ。

「こんにゃろ〜! ならば!」と竿先にコンコン! と小さなアタリが出たところで、スッ! と竿を軽くあおってアワセるようにしてからバラシは激減。

この後7本を釣ることが出来た。
TM0801_report1_06_1625956353 すぐ近くではカツオの1本釣り漁が行われていた

10時になって「五目に行くよ」と転進が告げられる

カツオはやればやるだけ釣れそうな感じではあったが、10時になって「五目に行くよ〜仕掛け替えて〜」と転進が告げられる。

「五目にリレーしているのはウチだけ」と船長で、カツオも良いけど折角金洲に来たのだからウメイロやヒメダイなど遠征でしか釣れないうまい魚も釣りたい、と思う向き(私も同感)には嬉しいリレーだ。
 
五目釣りは「タナ50m」。

ウメイロ、ヒメダイ、金洲名物ジャンボイサキの他、特大ムロアジ(脂が乗って激うま)、フライで美味しく最近人気というアカイサキなどがメインで、カンパチなど青物も回遊次第で口を使って来るという。

ふた流し空振った後はイサキ、ウメイロ、アカイサキがバリ食い。
 
自分はコマセを1枚(3㎏)しか持ち込まなかったので残量を気にしつつの釣り。

イサキ、ウメイロはしっかりキープ出来たので「なんとかヒメダイも」の祈りが通じ、まずまずサイズをキープした所でコマセ切れ。

常連さんたちのコマセ提供を丁重にお断りし(カツオを含めお土産は十分過ぎるほどなので)、残り1時間前に一足早く納竿した。
 
その後もラストまで五目釣りは順調そのもの、中には私同様コマセがなくなりコマセなしでイサキ、アカイサキと連釣する人もいた位だった。
 
船中の釣果はカツオが2〜3.5㎏を1〜10本。

イサキ、ウメイロ、アカイサキはトップで10匹、ヒメダイは船中6匹、その他ウマヅラ、大サバ、大ムロアジなどで全員がクーラー満タンの好釣果だった。
 
今後の予想には「カツオに聞いて下さい(笑)」と船長。

回遊魚ゆえ先読みは難しいが、この日顔を出さなかったキメジ、キハダもまじえしばらくは期待できそう。
 
また夏場はモロコやハタ、カンパチなどを狙う泳がせ釣りにも期待十分で、今年はいつもより熱い金洲になりそうだ。

「増福丸」ではいずれの場合でも基本的に五目釣りをメイン据えて出船するので、遠征ビギナーにもお薦めだ。

【御前崎沖 金洲】カツオ&五目リレー 釣行レポート

今年も金洲はカツオの当たり年!

リレーで 高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ ジャンボイサキetc]の お土産をゲットしよう!

TM0801_report1_09_1625956841 ベテランは手持ち竿でカツオファイトを満喫 TM0801_report1_05_1625956687 カツオはこの取り込みがクライマックス。カツオの頭を水面に出したらほぼ勝利だ TM0801_report1_11_1625956724 今年のカツオもよく引きましたね TM0801_report1_08_1625956755 カツオは無理に手持ちのやり取りはせずにこのようにキーパーにかけたままリールをまこう TM0801_report1_03_1625956778 カツオは2㎏前後が一番食べごろだ TM0801_report1_04_1625956806 このサイズのカツオでも引きは強烈。油断してはいけない TM0801_report1_12_1625956998 うまいカツオ釣れました!これで一安心 8eb4e482f156fed821073f068969c74f 4投目からようやくアタリが出たもののバラシまくったのちようやく釣り上げた会心の3㎏カツオ TM0801_report1_02_1625957181 近年、銭洲と同じ高級魚であるウメイロがよく釣れるようになった TM0801_report1_13_1625957135 金洲のウメイロはかな良型だ TM0801_report1_14_1625957155 これが入れ食いになることも珍しくない TM0801_report1_15_1625957215 ウメイロより少し深場のポイントでヒメダイを釣る TM0801_report1_16_1625957236 とても美味なヒメダイ TM0801_report1_19_1625956928 五目釣りで狙えるイサキ TM0801_report1_17_1625957399 今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎港「増福丸」
御前崎沖の金洲が好調だ。

4月1日の解禁直後にはシマアジのバリ食いがあって、しばらくしてからはいまや幻扱いのオナガダイ(ハマダイ)が好調に釣れ、そして6月下旬はカツオが爆釣。

「トップ30本クーラー満タン早揚がり」なんて船もあるほど。
 
そんな中「せっかく金洲まで行くのだから『らしい魚』も釣りたい」と言う方にお薦めなのが御前崎港の「増福丸」。

午前10時くらいを目途にカツオを切り上げて、その後、五目釣りへリレーしている。

五目釣りで狙えるのは名物ジャンボイサキに、ウメイロ、ヒメダイなど近海ではなかなかお目にかかれない美味な魚たちだ。
 
どちらもコマセ釣りのため共用のタックルでもできないことはないが、効率良く安全に楽しく釣るためには二通りの準備をおすすめする。
 
特にカツオ狙いではリーダーを含む専用のテンビン周りと手袋があると、取り込みがスムーズに行えオマツリやバラシを低減出来る。
 
その昔、銭洲と並び「行けさえすれば金になる」と言われた好漁場の金洲。

御前崎港からなら航程約1時間半と比較的手軽に行ける。

梅雨が明ければ本格的な遠征釣りシーズン。

この頃には泳がせ釣りでも釣果が上がり出すはずで楽しみはより広がる。

今期好調な金洲へあなたも是非!

以上の記事は「つり丸」2021年8月1日号の掲載記事です。