きのう、上山市でバスガイドの女性が大型バスと電柱に挟まれ死亡した事故で、当時、女性は電柱とバスの間で後退するバスを叩き、バスを止めようとしていたとみられることがわかりました。

TUY



警察によりますと、きのう午前7時45分ごろ、上山市新湯で、宮城県涌谷町に住む、39歳の佐々木仁美さん(39)がバックするバスを誘導していたところ、バスと衝突し、電柱との間に挟まれ、その後死亡が確認されました。

TUY
TUY

佐々木さんの死因は脳破裂でした。事故で即死状態だったということです。バスは、バックして宿に横付けするように移動していました。

現場にいた関係者によりますと、当時、佐々木さんは「ストップ」と叫ぶほか、電柱とバスの間で、後退するバスを叩いていたということで、バスを止めようとしていたとみられるということです。

TUY
TUY
TUY



この事故について警察は、佐々木さんの同僚でバスを運転していた宮城県登米市に住む男(69)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しています。


男は事故を起こしたことを認めていて、警察は、容疑を過失運転致死に切り替え、事故の詳しい原因を調べています。

バス会社社長「異常はなかった」「誠実な社員だった」

きのう、山形県上山市でバスガイドの女性がバスと電柱に挟まれ死亡した事故で、バスにはバックモニターやカメラ、マイクがついていて、事故前の点検では、これらに異常はなかったことがわかりました。



この事故は、きのうの朝、上山市新湯で、宮城県涌谷町に住む佐々木仁美さんがバックするバスを誘導していたところ、電柱との間に挟まれ死亡したものです。

 

2人が勤務する宮城県のバス会社「日本三景交通」によりますと、バスには後方の様子を確認できるバックモニターやカメラ、運転席で外の音を聞くためのマイクがついていて、事故前日にこれらの点検を行いましたが、異常は見つからなかったということです。



また、男は、勤務して21年のベテランドライバーで、事故当日の朝7時ごろ、アルコールと健康状態の確認をしましたが、いずれも異常はなかったということです。



日本三景交通の高橋渉社長は・・・

「佐々木さんは15年ほどバスガイドとして働いていて、誠実でお客様にも好評な社員だった」

「同じような事故を起こさないために、今後対策を考えていかなければいけない」とコメントしています。

県バス協会 加盟団体に注意呼びかけ

きのう、上山市でバスガイドの女性が大型バスと電柱に挟まれ死亡した事故を受け、県バス協会では、加盟する団体に改めて注意を呼びかけたということです。

警察によりますと、きのう午前7時45分ごろ上山市新湯で、宮城県涌谷町に住む39歳の佐々木仁美さんが、バックするバスを誘導していたところバスと衝突し、電柱との間に挟まれ、その後死亡が確認されました。

佐々木さんの死因は脳破裂でした。事故で即死状態だったということです。バスは、バックして宿に横付けするように移動していました。

この事故を受け、県バス協会では加盟する団体に対し、きのう付けでメールを送り、改めて注意を呼びかけたということです。

現場は若干の上り坂だったと判明

上山市でバスガイドの女性がバスと電柱に挟まれ死亡した事故で、バスは電柱にもぶつかり、左後部が壊れ、後ろの窓も割れていたことがわかりました。

この事故は、おとといの朝、上山市新湯で、宮城県涌谷町に住む佐々木仁美さん(39)が、バックするバスを誘導中に電柱との間に挟まれ死亡したものです。

その後の取材で、バスは電柱にもぶつかり、左後部が壊れ、後ろの窓も割れていたことがわかりました。また、現場は若干の上り坂になっていたということです。

■急きょ、会議が開かれた

山形県上山市の温泉街で、バスガイドの女性がバスと電柱に挟まれ死亡した事故を受け、きょう関係者が集まり対策会議が開かれました。


道路の幅はおよそ6メートルで、電柱に向かって若干の上り坂になっていたということです。

■関係者が対策会議 出された疑問


きょうの会議では、地区の交通安全協会や観光関係者などが集まり、事故について意見が交わされました。



地域交通安全活動推進委員「狭い道路の前で、なぜ大型バスに乗降しなければならないのかが疑問」

■対策は「車寄せをしない」か


会議では、温泉街ならではの道路環境についての意見も多く、上山市の温泉旅館組合からは観光バスについて「宿の入り口への車寄せはせず、駐車場での乗り降りを推奨する」という対策案が示されました。



県バス協会 栗田豊行 課長「対岸の火事ではないので、(協会の)乗務員には真摯に受け止めてもらうことを強く要望した」

県内運転手の高齢化は・・・
 

協会によりますと、県内のバス運転手の平均年齢は54.7歳。

年々高齢化が進み、事故防止の対策強化が求められています。

上山警察署 海藤良太 交通課長「バスの乗り降りなどについては、旅館組合や関係団体と協議をして観光客の安全を第一に考えていく必要がある」



警察は、さくらんぼシーズンの観光需要の増加で大型バスの交通量が増えるとしていて、巡回による啓発活動を続けるとしています。

【この記事もよく見られています】

事故直後の現場 バスガイド女性死亡の事故 バスと電柱に挟まれた状況・様子が明らかに 事故の原因と今後の対策は(山形・上山市)

『1人4万円の定額減税』で”ふるさと納税”できる金額は変わる?めいっぱい寄付したいと思っている人は注目!自治体の納税担当者に直撃 わかりやすく

「性的欲求がたまっていた」75歳の男が23歳の女性にした許されない行為…不同意わいせつ裁判で語られたこととは(山形)【独自】

見ず知らずの女の子が自宅のリビングに…汚れた靴下、話もできない… 気づいた親子が”とっさに見たもの” 子どもを守った”手がかり”とは(山形)

「ない!」あせった犯人…岩や石に似せた盗撮カメラを発見される 温泉施設に設置した男を逮捕(山形)

無施錠の窓からスマホをつっこみ知人女性の脱衣を7分間動画撮影 裁判で明かされた「侵入」や「盗撮」大胆すぎる犯行に法廷の空気が…元消防士の男に求刑(山形)

恐怖・・・酔ってスマホで撮影 見知らぬ女性の下腹部触り犯行後もコンビニ中まで追いかける 不同意わいせつの罪に問われている男に求刑(山形)

氷点下の道路、裸足にオムツ姿とパジャマ姿で泣く幼児の兄弟…通りがかった男子中学生は少し迷い…「助けなきゃなと思い声をかけた」

「トコジラミ」は“ダンボール”にも…通販や海外からの荷物が届いたら“すぐには部屋に入れない”などの対策も