円相場が1ドル=155円台と、およそ34年ぶりの円安が進み、政府・日銀による為替介入への警戒感が高まるなか、鈴木財務大臣は一切の発言を控えています。

鈴木財務大臣
「コメントは控えます」

 鈴木大臣は、その後も円安に対する政府の姿勢について報道陣からの問い掛けに無言を貫きました。

 外国為替市場では、日本時間の24日夜から円安が進み、1990年6月以来となる1ドル=155円台にまで下落しています。

 政府の“防衛ライン”とみられていた155円台を突破したことで市場では為替介入への警戒感も高まっていて、政府高官の発言が注目されています。