東京都は子ども全員を対象とした給付金について、申請に時間と手間が掛かるため、マイナンバーカードをかざす新たな方式を導入して簡素化します。

 東京都の「018サポート」は、都内在住の18歳以下を対象に1人あたり月額5000円を給付する制度で、昨年度から始まりました。

 都によりますと、家族関係を示す書類の準備や書類のマスキングなどが必要なため、昨年度は約半数が申請に30分以上かかっていました。

 マイナンバーカードをかざす方式なら5分程度に短縮できるということです。

 新たに対象となる人の申請は6月11日から始まります。